山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 木曽駒ケ岳(2956.0) | main |

秩父・蕨山(1033m)

登った日2012年3月28(水) 曇り
メンバー mogu
目的 トレーニング
温泉 さわらびの湯



コースタイム:名郷バス停9:15〜(20)〜林道終点9:35〜(1時間45)〜蕨山11:20/11:40〜(25)〜藤棚山12:05〜(25)〜大ヨケの頭12:30〜(45)〜金比羅神社跡13:15〜(40)〜さわらびの湯バス停13:55〜さわらびの湯
※歩行時間4時間20分(小休止含む) 休憩 20分

日向山にセツブンソウを見に行ったとき、Chiyomiちゃんと奥武蔵の話になりまだ蕨山に行ったこと無いと言うと蕨山に登っていないなんてもぐりだよと言われたので(蕨山は奥多摩の御岳山のような所らしい)じゃ行ってみるかで来ました。平日なので飯能から名郷行きのバスには登山者は乗っていなく終点の名郷まで乗っていったのは私だけでした。

名郷のバス停には可愛い公衆トイレがあり、そこに「なぐり杖」という竹で出来た杖が数本ぶら下がっていた。蕨山登山者むけのようで、返すのはさわらびのバス停に返してく下さいと書いてある。ストックを持っていましたがせっかくだから一本お借りして行きます。

バス停
小さな公衆トイレとなぐりづえ

登山道
林道に入ります

林道終点まで歩き、小さな沢を渡って植林の急登を登っていくと尾根に到着。ここから尾根を登っていくのですが結構小さなアップダウンがあり急登の登りが3箇所出てきた。一箇所は岩場で登るのはいいけど下りは大変かも、岩場を過ぎると雪が所々出てきて雪を避けて登っていくと有間山方面からの登山道に出て、左に少し登ると蕨山の山頂でした。

林道終
林道終点から登山道を登っていく

尾根に出る
尾根に出ました。

急登
尾根道は何箇所か急登が出てくる


雪も出てきました〜登ったら有間山方面からの登山道と合流

山頂
山頂に到着〜見晴らしはいいです。

誰も居ない山頂で少し早いお昼を食べて居るとなにやらガザゴソと音がして誰か登って来た!!なんとマウンテンバイクお兄さんです。雪があるなんて知らなくてえらい目に遭いましたよ〜と言っていたのでまさか私の後から来たのかと思ったら、さすがにそれは無く名栗湖から林道を走って来たらしい。地図を見ると逆川乗越しまで林道が有りそこから来たと言っていた。元気の良いお兄さんで少し休んでから山頂からいっきに下りていったのにはびっくり〜結構な傾斜なのにマウンテンバイクって凄いのね。見送ってからわたしも下山する、ここからはほぼ一直線の尾根道で迷うことは無い。途中でマウンテンバイクのお兄さんがパンクしたとかで自転車を直していた、山の中を走るのだからそんなこともあるのでしょう。


途中のピーク

林道
右に林道が出てきたと思ったら尾根をつっきっていた、この林道地図に無いけど新しいのかな

途中からは名栗湖ネイチャートレイルと言うハイキングコースになり、杉の林の中たくさん植樹されていて、何を植えているのかなと見ると「ヤマザクラ」「イロハモミジ」などの名前がついていた。
緩やかな尾根を歩いて行くと金比羅神社跡に到着、ここでマウンテンバイクのお兄さんが追いついてきてお先にと走り去っていきました。

名栗湖ネイチャートレイル
大ヨケの滝分岐からネイチャートレイルになる


ヤマザクラやいろはカエデが植樹されていた

金比羅神社跡
金比羅神社跡に到着〜石のお社だけがひっそりとありました。

神社跡からは植林の中を下りて行くと程なく右に民家が見え、左には墓地が出てきてさわらびの湯のバス停に着きました。ここにもなぐり杖の置き場があったので名郷で借りた杖をお返した、久しぶりにさわらびの湯に行くがなんか混んでいるとおもったら春休みで家族連れが多く来ていました。

バス停
さわらびの湯バス停に着き、なぐりづえをお返しします。助かりました。


さわらびの湯に入ります
奥武蔵・秩父 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする