山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秩父・日向山(633m) | main | 秩父・蕨山(1033m) >>

木曽駒ケ岳(2956.0)

登った日: 2012年3月21日(水)
目的: 冬の木曽駒に登りたい
メンバー:sarasawaさん、マサコさん、mogu
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
家 ホテル千畳敷
温泉 こぶしの湯

20日 晴れ

結論からいうと木曽駒ケ岳には登れませんでした〜残念。
冬型が強くなり強風と雪崩の危険とで、3000m級の山は風も半端ではなく乗越浄土まで行けずに断念して引き返してきました。

今回冬の千畳敷に行ってみたいと思ったのは、木曽駒ケ岳は沢から登ったことが有ったけど千畳敷方面に来たことは無かった。ところが去年さわねで沢から千畳敷に登りその時は天気が悪くて千畳敷からは何も見えなかったのが残念で、機会が有ったらもう一度来て見たいなと思っていた。そんな時にホテル千畳敷の「冬のまる得プラン、バズ・ロープウェイと宿泊費込みでさらしこぶしの湯の無料入浴券付きで¥11000」を見つけこれは安い!!せっかく千畳敷に行くのなら木曽駒に登りたいと思ってsarasawaさんとマサコさんに声を掛け、もちろん私達だけでは登れないので福田さんにガイドをお願いたのでした。

マサコさんの車で駒ヶ根インターまで行きお昼はインター近くの「明治亭」でソースカツ丼を食べました〜、福井でも食べた事あるけどこちらのにはキャベツがどっさりのっていてソースも甘口の感じがした。ご飯を食べてから菅ノ台バス停に向かう。ここは去年夏に散々お世話になった場所、今の季節は余り人も居なくてバスの時間も1時間に一本しかない。だからまる得プランが有るのでしょうね。

ソースカツ丼
ソースカツ丼、これでもご飯少なめなのですよ

駒ヶ根から
明治亭の駐車場から、宝剣岳とホテル千畳敷が見えます

管の台バス停
昨年の夏お世話になった休憩所、今は骨組みだけになっていた

駐車場付近には雪は無くバスで上に行くとだんだんと雪が出てきましたが綺麗に除雪してありました。ロープーウェイを乗り継いであっと言う間に千畳敷に到着、千畳敷駅に着くと指導員の方が待ち構えていて、「山に登るのですかと」声を掛けてきたので、「明日ガイドさんが登って来て一緒に登ります」と説明したら、今日3人滑落しているので気を付けてくださいと言われてちょっとびっくりした。

千畳敷
千畳敷に到着〜当たり前だけど真っ白です

南アルプス
南アルプス方面の展望


宝剣岳方面の展望

ホテルでチェックインして一休みしてから天気が良いので外に出てアイゼントレーニングをすることにした。外に出たらお天気最高で南アルプスも宝剣岳も綺麗に見え富士山の頭も見えました。明日もこんな天気だと良いのだけど・・・


神社の脇でアイゼントレーニング

カールに下りて
カールの下に下りてみた

夕食を食べてから明日の天気のチェックをしたら寒気が入り冬型になる予報、夜には星が見えて駒ヶ根の夜景も綺麗に見えたので明日の晴天を期待してお休みなさい

乾杯
食前酒で乾杯〜

夜景
駒ヶ根の夜景が綺麗です

-----------------------------------------------------------------------

21日曇り / 晴れ

コースタイム:ホテル出発10:10〜八丁坂10:55(撤退)〜ホテル11:50着

朝起きて窓から外を見たら雲が立ち込めている、それでも朝の内は南アルプスも見えていましたが朝食を食べる頃にはガスって来て風も強い。9時に福田さんが上がってきたときもあまり天気が良くなく少し様子を見ることになった。今日駒ケ岳に登る人は昨日ホテルに泊まっていた単独の男性と朝ロープーウェイで来たカップルと私達だけみたいだ。

ガスガス
部屋の窓からみたらガスガスです

10時過ぎになったら天気は回復して来ましたが相変わらず風が強い、取りあえず行ける所までと言うことで行ってみることになった。3人の先行者が登っているところがよく見えます、宝剣岳の上では雪煙上がっていていました。私達もロープで確保して貰いカールに踏み出して登って行きますが、雪面がカリカリだったり柔らかかったりであまり状態が良くないみたい。強風吹き荒れる中なんとか八丁坂と呼ばれている所にさしかかったところで、福田さんから中止の指示が出て戻ることになった。私達の(主に私ですが)技量では登っても下りが心配とのことでした。

出発
取りあえず出発します

八丁坂の登り
すり鉢状のカールは上に行くほど急斜面になり強風のためここで引き返す

冬山は天気が良くても登れないことがあります、安全第一なのでみんな納得で回れ右して降りますが下りの方が恐い。私も昔に比べれば少しは降りも良くなっているとは言えヤッパリ怖々下りることになりました。なんとか安全地帯まで下りてホッとひと息、記念写真を撮ってまたのリベンジを誓って今回の山行は終わった。


来年もう一度リベンジを誓って記念写真(大きくなります)

※写真提供:sarasawaさん
中央アルプス | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする