山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 百蔵山(1003m)から扇山(1138m) | main | 奥日光・切込湖・刈込湖 >>

乗鞍氷瀑巡りと福地山(1671.7m)

登った日: 2012年1月20日(金)〜21日(土)
目的: 冬のしるふれいウィークに参加
メンバー:まむさん、マサコさん、sookiさん、mogu
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
家 ペンションしるふれい

1/20 乗鞍氷瀑巡り 曇り 時々 雪

沢渡にあるペンションしるふれい主催の「しるふれいウィーク」に行ってきました。私、冬山も好きですが基本的に冬山は登山の中でも一番恐いと思っていますし本格的な冬山は体力的・技術的にも無理。でも雪山で遊ぶのは大好きなのでこの福田さんがガイドしてくれる「しるふれいウィーク」の企画が私にはちょういい。今年は神戸のまむさんも氷瀑巡りと福地山に参加するというので私も一緒に行くことにしました。

氷瀑巡りの日は前の晩から雪が降って50僂らい積もっていた。それまで上高地周辺は雪が少なかったようですが一晩で真っ白〜雪遊びだから雪が降ってくれたのはいいけど天気がイマイチです。福田さんの車で乗鞍高原の駐車場に移動、そこから長いリフトに乗って三本滝レストハウスまで行って一休みしてから三本滝に向かう。雪が多いとスノーシューで何処でも歩けますが、今年は雪が少なくまだ笹が埋まっていないので夏道を行きますとのことで歩きはじめる。

出発
スキー場のリフトに乗っていくがこれが寒い!!

レストハウス
三本滝レストハウスに到着、平日だからか人が少ない

三本滝まではトレースがあって途中で吊り橋が出てきた、雪がついているのでなんとかスノーシューでも登れましたが下りはどうする・・・。吊り橋を過ぎるとすぐに三本滝に到着。昨日からの南岸低気圧の通過で気温が高くなったからか一部崩壊していました。でもやっぱりこれだけの滝が凍っているのは壮観で迫力満点!!滝壺まで下りてみましたが危険なのであまり側にはいけなかった。

吊り橋
吊り橋〜スノーシューで登る

三本滝
三本滝、真ん中が溶けていましたが回りは見事な氷柱

2人で
まむさんと2人でパチリ

さてと戻りますが先ほどの吊り橋、福田さんは前向きに下りて行き下で滑っていたのを見て、私とまむさんはスノーシューの前のエッヂを使い後ろ向きで下りました。元来た道を三本滝レストハウスまで戻り、ここから今度は善五郎の滝を目指して下って行きます。まずはスキー場を横切ってこりすの道に入る、森の中にはクロカンのトレースがあった。途中天気が良かったら乗鞍岳がよく見えるらしい孫市平で雪の降る中お昼を食べる。

スキー場を横切って
スキー場を横切りこりすの道に入る

森の中
森の中は静か・・・

さらに森の中を進んで行きいったん車道に出てから今度は原生林の小道を通って休暇村から善五郎の滝に向かいますが、こちらはトレースが無く新雪の中をプチラッセル。途中鉄梯子の所でスノーシューを脱いで、福田さんが張ってくれたフィックスロープを頼りに滝まで下りる。善五郎の滝も真ん中が崩落しています、数日前のしるふれいのブログで見たときは見事な氷柱だったのに気温が上がるとあっと言う間に溶けてしまうのね残念、ここでも滝壺まで下りてみましたがあまり近づけなかった。

登山道
誰も歩いていない所を歩くのは気持ちが良いねぇ

善五郎の滝
善五郎の滝、真ん中が溶けて崩落してます

展望台から
展望台から善五郎の滝

善五郎の滝から展望台経由で駐車場まで戻った、今回の氷瀑巡り全面凍結しているのを楽しみにしていたのに直前の南岸低気圧通過で気温が上がって氷は溶けてしまっていたけど低気圧のお陰で雪が降ったのでなんとも複雑な心境、明日は福地山に登りますがお天気心配だな・・・・夕食には明日一緒に登るマサコさんも合流、美味しい夕食をいただきます。

夕食

※写真提供:福田さん・まむさん

-------------------------------------------------------------------


下山は登山道をショートカットしたので登りだけの地図です。

1/21 福地山 曇り 時々 雪
コースタイム:福地山登山口8:55〜(2時間5)〜憮然平11:00〜(1時間55)〜福地山山頂12:55/13:30〜(1時間30)〜登山口15:00
※歩行時間:5時間30分(小休止含む) 休憩:35分

今日の福地山参加者は私達の他に昨晩来たマサコさんと今朝名古屋から来たsookiさんが加わり4人になりました。天気は昨日とあまり変わらず小雪が舞っている、8時にしるふれいを出て登山口の有る奥飛騨温泉郷の福地温泉に向かいます。この福地山は2万5千の地形図には標高しか載っていないけど旺文社の地図にはちゃんと登山道が載っている、最近は穂高の展望が良いので冬のスノーシューで人気が有るらしい。福地温泉は初めて来ましたがなかなか風情のある温泉街で福地山登山口の所には氷柱が作られていて夜になるとライトアップしているみたい。スノーシューを履いて小雪の降る中登山口から登る、氷柱の裏を通って杉の植林帯をジグザグに登って行く薄いトレースが着いていた。

登山口
登山口で支度をする、小雪がちらちら降ってます

登り始め
いざ出発〜

自然林になると森もガスがかかって幻想的、焼岳展望小屋の所で一休みしてさらに登って行くとだんだんとトレースが無くなり新雪が20僂らい積もっている。少し重い雪をみんなで交代しながらラッセル開始、最初は私、張り切りすぎてすぐに疲れて交代・・・歩幅が大きすぎたみたいです。マサコさんはがんがんラッセルしていく凄い!!後はみなで交代しながら登って行きます。途中には3つの展望台が有りましたが、なぁ〜にも見えません。こうなると私、天気だったらどんな景色が見えるのだろうという思いもう一度登って見たくなるのよね。

登山道
自然林になると雪が深くなってきた

焼岳展望小屋
焼岳展望小屋、ここからの景色はどんなのでしょう、谷コースとの分岐

憮然平
憮然平を通過、雪はますます深くなってきます

気温が高くてラッセルしながら登ると暑いくらい、途中でお昼休憩を取りひと登りで山頂に着きました〜無雪期のコースタイムは2時間30分、やっぱり雪山は時間が掛かる。福田さんに聞くと山頂からは正面に穂高連峰が見えるらしいが回りは真っ白で何も見えない・・・残念。

ラッセル
ラッセル頑張る!!

展望台
第4展望台、ここから見える景色はどんな景色?

山頂
この後ろに穂高連峰が見えるらしい・・・・

山頂でコーヒーブレイクして元来た道を下山します、登りは4時間掛かりましたが下山は1時間30分で下りてきました、つづら折りの登山道をショートカットして下りたので早いのです。でもショートカットは何処でも出来ると言うものでは無く、何度も来ている福田ガイドの適切な指示で下りられたと思います。やたらめったら下りたらとんでもない方に行く可能性も有るので注意しないとね、でもスノーシューならではのこのショートカット初めは少し恐かったけど慣れると楽しかった。天気はイマイチでしたが新雪の雪山を歩けてこれはこれで面白かったな。

景色
下山する途中にガスが取れて少し見えた

駆け下る
本日のメインイベント、スノーシューの駆け下り

スノーシュー
登山道からはずれていっきに下りる、結構疲れました

下山
無事に下山〜氷柱が綺麗

後日、しるふれいのブログに晴れた日の福地山からの写真が載っていたのを見て「オーナーのいけず」と思わず叫んでしまった(^^; 来年もう一度登らなくちゃ・・・・

※写真提供:福田さん・まむさん

北アルプス | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

オーナーコメントありがとう(^^)
あの写真見たら来年もう一度登らなくちゃと思いましたよ!!

また春の山菜採り企画よろしくです

mogu | 2012/02/07 10:05 AM
「オーナーのいけず」・・・・
ごめんね。来年こんな景色があなたを待ってます!。・・・と言うメッセージ&エールかな?
それにしても、詳細な山行記録。「あっぱれ!!」
僕も参考にさせていただきます。
しるふれい オーナー | 2012/02/07 9:22 AM
コメントする