山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 竜ケ岳(1485m) | main | 奥多摩・サルギ尾根から日の出山北尾根 >>

八ツ・稲子岳(2380)からニュウ(2351.9)

登った日: 2011年12月17日(土)〜18日(日)
目的: 取りあえず雪山へ
メンバー:、福田ガイド、mogu
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
家 しらびそ小屋
温泉 八峰の湯



12/17 晴れ
コースタイム:稲子湯登山口11:40〜(1時間10)〜コマドリ沢12:50/12:55〜(30)〜しらびそ小屋13:30

17〜18日に予定してた山行が中止になってさてどうしよう・・・11月の後半にぎっくり腰になってしまいあまりハードな山行は出来ないしでも雪山には行ってみたいけど1人では無理だしなぁと思案していた。福田ガイドさんのサイトを見てみるとしらびそ小屋から稲子岳のコースが載っていたのでこれなら行けるかもと電話してみると、まだ人は集まっていないので私だったら稲子岳からニュウまでのバリエーションルートを歩いてシャクナゲ尾根を下れると言うので、前から稲子岳からニュウは歩いてみたかったので早速お願いした。

展望台
小淵沢から登山口に向かう途中の展望台からの八ヶ岳

小淵沢で福田さんと待ち合わせして車で稲子岳登山口まで行きます、前回の時は小海線で松原湖まで行きしらびそ小屋の女将さんが迎えに来てくれて登山口まで送ってくれましたがこれはバスが無いときだけだそうです。登山口のゲートの前には数台の車が止まっていた、お昼を食べて私達も歩きはじめる。

登山口
稲子湯登山口

しらびそ小屋までの登山道も今年の集中豪雨で登山道が崩壊したらしくしらびそ小屋のボッカ道が新しい登山道になっていました。雪はそんなに多くなくアイゼンなしで登って行きコマドリ沢で少し休んでからさらに登って行くとスキー板を担いだ単独の男性が雪が無いとぼやきながら下りてきました。コマドリ沢からは急登をひと登りでしらびそ小屋に到着、みどり池は凍結していて正面には天狗岳が綺麗に見えています。

しらびそ小屋
しらびそ小屋到着〜

天狗岳
みどり池越しに天狗岳がよく見える

部屋は去年と同じ部屋で今日は私達の他に後二人見えるとのこと、豆炭炬燵が入っていますが部屋はまだ寒いので着替えてからストーブの所に行ってから夕食までストーブから離れられませんでした。

ランプとストーブ
ランプと薪ストーブ・・・これぞ山小屋!!

夕食
地ビールの「よなよなエール」と夕食

7時の天気予報をみたら晴れマーク1つだったので明日は天狗岳の朝焼けけが見られるかなと期待して休みましたが・・・・


------------------------------------------------------------------

12/17 曇り
コースタイム:しらびそ小屋8:05〜(1時間15)〜稲子岳分岐9:20〜(50)〜稲子岳10:10/10:20〜(1時間25)〜ニュウ11:45/12:20〜(45)〜シャクナゲ尾根分岐13:05/13:15〜(1時間45)〜登山口15:00※歩行時間:6時間 休憩:55分

朝起きて窓の外を見たらなんと天狗岳にはガスが掛かっていて何も見えません、昨日の天気予報は何だったのよとガッカリ。福田さん曰く冬型が強すぎて雪雲が八ヶ岳にかかってきたんだろうとのことでしたやっぱり山の天気は判らない。でも稲子岳は稜線より一段下がっているので問題なく行けるというので一安心で朝食を食べて8時に出発します。

朝食
朝食はご飯かパンを選べる、超厚切りパンはストーブで焼いてくれます。

女将さんと一緒に泊まった常連さんの男性に見送られてまずは中山峠方面に向かう、雪はそんなに多くなく林の中を進んで行き急登になるところでアイゼンを付けた。1時間ほど歩いた所で稲子岳の分岐に到着、分岐といっても標識はなく稲子岳までのルートは地図にも載っていないので普通は通り過ぎてしまうと思う。

稲子岳方面
登山道の途中から稲子岳方面を見るとガスが掛かっている

登山道から離れて
登山道から離れて稲子岳に向かう

稲子岳まで道なき道の岩ゴロゴロでアイゼンを履いているので歩きづらいことこの上なし、岩の間に落ちないように慎重に登って行き岩ゴロ地帯を抜けいったん平坦に成りまた急登を登ると稲子岳山頂に出ました。山頂は開けていて風がまともに吹いていて寒い!!ロープで囲いがしてありますがこれはしらびそ小屋のご主人が植えたコマクサの群生を守るためでだそうです。山頂で風を避けて少し休んでいると団体さんが来たのでびっくり、話しを聞くと黒百合ヒュッテに泊まって天狗に登る予定が天気が悪いので中止にして稲子岳に来たとのことだった、でも何処かに登らなくちゃで稲子岳に来たのかな。

樹氷
山頂直下は見事な樹氷になっていた

山頂
山頂といっても標識は無い


福田さんのブログ用にはいポーズ

私達も少し休んでニュウに向かう、林の中に入ると風も無くていいけどこのコースも登山道は無くてルートファインディングは難しそう今回は福田さんの後を付いていけばいいだけだから楽ですけど。平坦な森の中を進んで行き巨岩帯を過ぎて急登を登ると中山峠から来る登山道と合流したらすぐにニュウに到着、なんと富士山が見えました!!


森の中は雪が深いです

富士山
富士山が見えましたよ!!

八ヶ岳は何度も来ていますがニュウは少しはずれているのでなかなか来る機会が無くやっと来ることが出来た、山頂に登るとこんな天気なのに富士山も見え白駒池方面もよく見えてる、こんなに展望が良いとは思わなかった。風を避けてお昼を食べますが寒いまだ体が寒さに慣れていないからかやたら寒かった。

ニュウ山頂
山頂ではい、ポーズって・・なんて格好しているの(^^;

下山は白駒池と白樺尾根の分岐まで下ってここでアイゼンを外す、シャクナゲ尾根はその名の通り途中からシャクナゲの木がたくさん出てきます。


ニュウはやっぱりこの乳なのね・・

シャクナゲ尾根
シャクナゲ尾根のシャクナゲ

何度かシャクナゲの咲く時季に来ている福田さんは花があまり咲いていなくてとしらびそ小屋の女将さんに言ったらきっと木が古いからなかなか咲かないのよと言っていました。今回見た感じではまあまあ花芽は付いているので来年気期待できそうかな。いったん林道に出てまた登山道に入ると稲子湯登山口はすぐでした。

登山口
登山口に到着〜

この稲子岳からニュウまでのルートは標識も無いのでもし行きたいなと思ったら、しらびそ小屋で聞いていってくださいね。くれぐれも安易に入らないように・・・

※写真提供 福田ガイドさん

八ヶ岳 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする