山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北ア・焼岳(2444m)と京ヶ倉(990m) | main | 八ツ・稲子岳(2380)からニュウ(2351.9) >>

竜ケ岳(1485m)

登った日:2011年12月7日(水) 天気晴れ
目的: 年賀状用の富士山を撮りに行く
メンバー:OGURAちゃん、チャコちゃん、mogu



コースタイム:河口湖駅〜(バス)〜本栖バス停10:25〜(25)〜竜ケ岳登山口10:50〜(55)〜あずまや11:45/11:50〜(50)〜竜ケ岳山頂12:40/13:10〜(45)〜端足峠13:55〜(50)〜本栖湖畔14:45/14:50〜(50)〜本栖バス停15:40/16:05〜(バス)〜河口湖駅
※歩行時間:4時間35分 休憩:40分

OGURAちゃんの年賀状用の富士山を撮りに本栖湖畔の竜ケ岳に行って来た、この竜ケ岳はお正月のダイヤモンド富士で有名な山で1度は登りたいと思っていたので今年は竜ケ岳にしました。天気を見計らって来たので天気は上々です。河口湖駅から新富士行きのバスには私達3人と地元の方2人だけだった、私達は本栖入り口で下ります。国道から少し下がって本栖湖畔からキャンプ場の中を通って登山口に向かう、キャンプ場の中には竜ケ岳登山口までの案内があったので迷わずに登山口に着くことができました。

本栖湖
本栖湖キャンプ場からこれから登る龍ヶ岳が見える

登山口
キャンプ場の中を歩き登山口に到着

登り初めはジグザグの急登が続きますが尾根に出ると目の前に富士山、少し逆光ぎみでしたがここで撮影タイム。いったん下り登ると東屋に到着、グループの人達が休んでいた。ここでお昼にしようかなと思ったけど場所が無かったので少し休んでそのまま山頂に向かうことにしました。

富士山
尾根に登ると目の前に富士山

東屋
東屋まで登る

東屋からの富士山
東屋からの富士山

竜ケ岳
これから登る竜ヶ岳

東屋からも急登が続きますが笹原の登山道からは終始富士山が見えているのでの登りも苦にならない、下ってくる人が多く平日なのに結構登っているのね。急登が終わると少し平坦に成り分岐を過ぎると山頂に着きました。みんな下ったようで誰も居ません、さてベンチで富士山を見ながらお昼にしましょうと思ったら、なんと富士山に雲が掛かり見えなくなってしまった、どうしてこうなるの!!太陽も隠れてしまい少し寒い。

山頂に到着
山頂は広々としている

富士山は雲の中
富士山は雲に隠れてしまった・・・

南アルプス 富士山
山頂見えた南アルプスと隠れる前の富士山(クリックで大きくなります)

それでも30分ほど粘りましたが富士山は隠れたままなので仕方なく下山する。登って来た人達はみんな往路を戻るみたいですが、私達は端田峠に下りるコースを選び山頂から下り始めるとなんと富士山がまた現れた、なんだかいじわるされているみたいだ。端田峠までの急な登山道を下り尾根道を少し行くと端田峠に着きました。

端田峠
端田峠に到着

端田峠からの富士山
端田峠から見納めの富士山です

ここで富士山ともお別れして本栖湖目指して下って行きます。こちら側の森は自然林でブナ林が広がっていてなかなかいい雰囲気、登山道も歩きやすいですが広い河原に降り立つと登山道が判りづらくなったが目の前に本栖湖が広がっているので迷うことは無かった。

登山道
本栖湖目指して下ります

到着
湖畔に到着〜

湖畔の周回道路に出てキャンプ場までてくてくと歩いて行く、なんかの記録で遊歩道があると書かれていたので探したけど見当たらなかった。車道をそのまま歩いてバス停まで行き16時5分発のバスで河口湖駅に戻りました。来年の干支は辰年、意識はしなかったけど竜ケ岳からの富士山なんて年賀状にぴったりですね(^^)
箱根・伊豆 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする