山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 西穂山荘より独標手前(2650m付近) | main | 日和田山から顔振峠 >>

棒ノ嶺(969m)〜蕎麦粒山(1472.9m)

登った日:2011年4月2日(土) 天気曇り
目的: 長沢背稜を繋げる
メンバー:まさこさん、mogu



コースタイム:川井バス停7:41〜(バス)〜上日向バス停7:45/7:50〜(25)〜奥茶屋8:15〜(1時間20)〜棒ノ嶺9:35/9:50〜(55)〜長尾丸山10:45〜(2時間15)〜日向沢ノ頭13:00/13:20〜(40)〜蕎麦粒山14:00〜(1時間15)〜一杯水15:15/15:25〜(1時間30)〜東日原バス停16:55着/17:22発〜(バス)〜奥多摩駅17:45着 ※歩行時間:8時間20分(小休止含む) 休息:50分

東日本大震災が3月11日に起きてからテレビにかじりつきの日々で当然予定していた山行は中止になった。山に行く気分にもなれなかったし仕事も始まってしまった。仕事が一段落した頃、なんだか体がなまってきた感じがしたので一ヶ月ぶりに山に行こうかなと言う気分になったのでさて、何処に行こうかと地図をながめていたら、そうだこの際だから長沢背稜のまだ歩いてない棒ノ嶺から日向沢ノ頭を繋げようと思いたった。

1人で歩くのは心細いのでマサコさんを誘い、Chiyomiちゃんが何年か前に歩いているのでそれを参考にまだ歩いて無い奥茶屋から棒ノ嶺に登る計画を立てた。奥茶屋までは川井駅からバスが出ていますがこのバスが朝は7時37分しかない、家からだとなんとかぎりぎりで乗れる事が判りほっとしました。

久々に4時起きで始発電車に乗る、立川でマサコさんと合流して奥多摩に向かう。震災の影響か天気が良いのにあまり登山者は乗っていません。川井駅で降りたのは私達2人だけだった、バスももちろん2人だけの貸し切りで上日向バス停に到着。ここから奥茶屋の登山口までは歩いて向かう。

バス停
川井駅のバス停


上日向バス停に到着

沢をわたって登りはじめるとしばらくはワサビ田の中を登っていき、ワサビ田が終わると植林帯の急登になる尾根に取り付きしばらく登ると棒ノ嶺の山頂に到着、まだ誰も居ない静かな山頂で休憩。さて行こうかと言うときに何組かの登山者が登ってきた。

登山口
奥茶屋の登山口

ワサビ田
ワサビ田が続いている、途中に咲いていたハナネコノメ


ワサビ田が終わりここから急登のはじまり

棒ノ嶺
棒ノ嶺山頂に到着

棒ノ嶺の山頂から今日の核心日向沢ノ頭に向かいます。私の持っているエリアマップは破線になっているけどマサコさんの最新のエリアマップは実線になっている。登山道として整備されたのかな?棒ノ嶺からいったん下り小さなピーク登ったり下ったりして歩いて行く。少し仕事道を歩いてしまい途中から尾根に戻っりなんとか長尾丸山に到着した。

出発
さて、日向沢ノ頭にむけて出発

長尾丸山
長尾丸山に到着〜ここまではそんなにアップダウンは無かったが・・・

長尾丸山からが急登続きになる、途中で初めての登山者とすれ違う、川苔山から来たという登山者は6本爪のアイゼンを付けていたので聞いてみるとここから先雪が出てくるという、私雪のことなど頭が無くてアイゼンは持ってきていない。失敗したな〜と思っても後の祭り、そのまま歩いて行くしかない。

山頂表示
ピークに有った山頂表示・・

雪
雪が出てきたけど思っていたよりも多くは無かった

大きな鉄塔の所に出たら女性2人が休んでいたので聞いてみると日向沢ノ頭までの登りに雪があるけどそんなに心配するほどでは無いとのこと、こちらからだと登りになるのでアイゼンが無くても大丈夫そうだ。鉄塔を過ぎるといよいよ日向沢ノ頭までの登りが急登で、雪もあったので登るの大変でしたがなんとか縦走路に出ました。はぁ〜疲れたここでお昼を食べる。

縦走路
縦走路に出ました〜

左に行くと川苔山、右に行くと蕎麦粒山この縦走路は去年歩いていますがとても気持ちの良い登山道です、今回は長沢背稜を全部歩く積もりなのでここから蕎麦粒山にむかいます、雪が溶けたばかりでぐちゃぐちゃの登山道です。去年は蕎麦粒山から歩いたので気がつかなかったが結構アップダウンがある。特に蕎麦粒山までの防火帯は急登で大変、考えてみたら棒ノ嶺が969mで蕎麦粒山が1472.9m、棒ノ嶺方面から来ると登りになるのよね。

縦走路
なかなか雰囲気が良い縦走路

蕎麦粒山
蕎麦粒山に到着

蕎麦粒山には鳥尾戸尾根から登ってきたという男性二人連れが休んでいた、私達も少し休んでから一杯水目指して出発。ここからはそんなにアップダウンも無く巻き路を歩いて行くので今まで程大変では無かったが、所々雪がある登山道は歩きにくい。水の出ていない一杯水の水場を過ぎて避難小屋に到着、これで長沢背稜を完全制覇出来ました〜バンザイ!!ここで大休止さすがに足が疲れた。

崩壊地
途中に有った崩壊地、

一杯水避難小屋
一杯水避難小屋に着いた〜

一杯水からはヨコスズ尾根を下り無事に東日原のバス停に到着、なんとか5時台のバスに間に合ったけどこのコースやっぱり一ヶ月ぶりに歩くコースでは無かったかも、歩くのだったらヨコスズ尾根から棒ノ嶺に向かった方が下りになるからよかったかなと歩いた後で思った。とにかくなんとか歩き通せてヨカッタヨカッタ、つき合ってくれたマサコさんありがとう。
奥多摩 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

Chiyomiちゃんのレポ読んだよ。山頂の標識ほんとに曲がっているね。どうしたんだろう
落合に下りたんだ・・確か多摩moguさんが登っていなかった?

奥武蔵は山登りという寄りは山歩きだったな〜でもこの時期の奥武蔵は良いよね。
mogu | 2011/04/27 10:08 AM
春のユガテはよかったでしょ?

ちょっと、棒ノ嶺頂上の写真を拝借します。
chiyomi | 2011/04/26 6:58 PM
Chiyomiちゃんのレポ読んでたはずがアイゼンのことはすっかり忘れていたのよ(^^;〜マサコさんはしっかりと持ってきていたわ

明日このルート歩くんだ、確認したいことって何だろう?レポ楽しみにしてるわね。

私、明日はユカデ方面歩くつもりです。
mogu | 2011/04/23 3:10 PM
いや、私が行ったときも雪はあったし・・・必要無かったけれど、軽アイゼンを持って行ったことは書いたし・・・参考にしてないよ(爆)。
長いよね、このルート。
私も、明日、ちょっと確認したいことがあって、このルートをちょこっと歩こうと思っています。
chiyomi | 2011/04/23 12:02 PM
コメントする