山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 乳頭山(1477.5m) | main | 棒ノ嶺(969m)〜蕎麦粒山(1472.9m) >>

西穂山荘より独標手前(2650m付近)

登った日: 2011年3月4日(金)〜5日(土)
目的: 取りあえず西穂山荘に行ってみよう
メンバー: マサコさん、SARASAWAさん、moritaさん、mogu
行程 :北府中駅〜新穂高ロープーウェイ駅〜西穂高口〜西穂山荘(泊)〜独標〜西穂山荘〜西穂高口〜新穂高温泉〜北府中駅解散
家 西穂山荘
温泉 アルプス街道平湯



3/4 曇り
北府中駅7:30〜(車)〜新穂高温泉P13:00〜(新穂高ロープーウェイ)〜西穂高口14:00〜(1時間30)〜西穂山荘15:30

私達の技量で行ける冬山は何処かないかなで、通年営業とロープーウェイで行ける西穂高山荘だったら行けるかなで1月に一度計画しましたが天候が悪くて延期になってしまい、今回天気の良い時を見計らって再度挑戦する事にした。北府中駅に集合してマサコさんの車で新穂高温泉のロープーウェイ駅に向かう。平日なので無料の駐車場も空いていてすんなりと止められた、ロープーウェイも空いていて2000mの穂高口までいっきに登る。


新穂高ローフーウェイ駅

今日はあいにくの曇り空で周りの山はあまり見えない、穂高口で装備を調えて歩き出す。雪の回廊を通り避難小屋から登山道に入る、トレースはバッチリと付いていてアイゼン無しでも登っていける雪があった方が歩きやすいかも途中から穂高山荘が見えた。上に来るにつれて雪が舞ってきました、急登を登って西穂山荘に無事到着結局アイゼンなしで登ってこられた。

穂高口
穂高口から歩き出す


途中から西穂山荘が見えた

西穂山荘
小雪降る西穂山荘に到着〜気温−15℃

夏には売店と食堂になるところが冬の食堂になっている、部屋は食堂の上の個室だった。今回も自炊、メニューは徳沢の時と一緒。泊まり客は私達以外は男性3人だけだったので食堂の一角を使わせて貰い夕食の準備、今度の週末は満員らしくこんなにのんびりとは出来なかったと思うので週末を外して本当に良かったわ。

夕食
今回は私のアルマイト鍋持参

夕食
トマトパスタ・ポトフ・海草サラダと美味しく出来ました


3/5 晴れ
西穂山荘8:10〜(30)〜丸山8:40〜(45)〜独標手前9:25/9:45〜(20)〜丸山10:05〜(25)〜西穂山荘10:30/11:40〜(1時間)〜西穂高口12:40〜(新穂高ロープーウェイ)〜新穂高温泉〜平湯〜北府中駅解散

今日は天気予報通り快晴、乗鞍方面には雲海が広がっている、日の出見るために小屋の外に出てみる。少し上に登ってみたけど踏み跡が無いのでアイゼンが無いと大変だったのですぐに小屋に戻り小屋の前から日の出を見ることにする、ほんとに素晴らしい景色が広がっている。

夜明け
夜明けです

夜明け
焼岳方面には雲海、小屋から少し登った

朝ごはんは徳沢と一緒でまたまたフランスパンでフレンチトーストを作り昨日の残りのポトフ、卵一個残っていたのでスクランブルエッグにした。朝ごはんを食べてから支度をして出発、マサコさんはアイゼンを忘れてしまいスノーシューを履いて登る。

朝食
朝食を食べて出発

風も無く快晴の中アイゼンを効かせて登り丸山に到着、目の前には笠ヶ岳、後ろには乗鞍・遠くに白山も見え富士山も見える。ここで私とsarasawaさんは独標を目指して登り、マサコさんとmoritaさんは小屋に戻る。

丸山までの登り
丸山までの登り

稜線
稜線の登り

丸山
丸山に到着

ここからの登りは足を滑らせたら止まらないのでアイゼンとピッケルで慎重に登って行く、sarasawaさんは雪山になれているのでどんどん登って行くが私は慎重に1歩1歩登る。急登が続き途中で一休みしたときにsarasawaさんがどうするか聞いてくれた、もう少し登ると奥穂高が見えるらしいので頑張ってのぼっていくと独標が見えてきた。

独票までの登り
丸山から独標までの稜線

乗鞍方面 笠ヶ岳方面
乗鞍方面と笠ヶ岳方面 (大きくなります)

独標手前まで来ると奥穂高から前穂が見えて岳沢も見える〜sarasawaさんは独標まで登りにいくが私はここで待つことにした。やはり無理は禁物、自分の技量ではここまで来られただけでも良しとします。

独標手前 独標
左:独標手前からの奥穂と前穂 左:独標から手を振るsarasawaさん

sarasawaさんが戻り2人で下山、丸山まであっと言う間に下りひと息いれて無事に西穂山荘に戻った、天気が良く風も無かったので私でもなんとか独標手前まで行けて本当にラッキーでした。

下り
下りも慎重に下る

下山
無事小屋に戻って来た。

小屋で一休みして居ると次から次ぎに登山者がやってくる、小屋の人に聞くと本館の方も使うくらいの予約が入っているらしく改めて金曜日にして良かったとみんなで話す。小屋の後ろに行き西穂高岳と西穂山荘をバックに記念写真を取り下山します。

記念写真
西穂高岳と山荘をバックに

登ってくる人が多くすれ違いに苦労しますが、天気もいいし下りはあっと言う間に西穂高口に着いた。展望台で槍と西穂高を見てロープーウェイで下りて、平湯のバスターミナルで温泉に入り一路帰路に着き北府中で解散。

下山
名残惜しいけど下山

穂高口の展望台から
ロープーウェイの展望台から槍と西穂高岳

北アルプス | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

ハイジさん、こんにちは〜♪
天気を狙って行ったけど山の天気行ってみなくちゃ判らない、今回は本当に天気に恵まれました。

初めは私も丸山まで行ければ良いかなと思って登って行ったのよ、でも余りにも天気が良いのでついつい登ってしまった(笑)初めから独標には登るつもりは無かったのよ、やっぱり1歩踏み外すと恐いもの〜〜
mogu | 2011/04/09 5:16 PM
凄い、凄い。
ほんと、いい時に行けたですね。
こんな好条件はなかなか巡りあえないと思う。

moguさんなら独標まで行けそうだと思うけど、「自分の技量ではここまで」って割り切れるのもさすがmoguさんかな。

masakoさんがアイゼンを忘れちゃうなんて、そんなこともあるのね。

二つの巨大な雪だるまも印象的でした。
ミセスハイジ | 2011/04/09 8:27 AM
コメントする