山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 黒斑山(2414m) | main | 西穂山荘より独標手前(2650m付近) >>

乳頭山(1477.5m)

登った日: 2011年2月22日(火)〜24日(木)
目的: 冬の秋田・秘湯の山旅 乳頭山スノーシューハイク
メンバー: 福田さんツアー4名とmogu
行程:角館〜田沢湖〜孫六温泉〜乳頭山スノーシュー登山〜鶴の湯〜田沢湖駅解散
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
家 温泉 乳頭温泉郷・孫六温泉



2/22 晴れ
角館集合〜田沢湖〜乳頭温泉郷・孫六温泉(泊)

福田さんのガイドプランで「冬の秋田・秘湯の山旅乳頭山麓スノーシューハイク」というプランが出たので、去年初夏に縦走した乳頭山を雪の時に登って見たいと早速申し込みをした。乳頭温泉は鶴の湯が取れずに孫六温泉泊まりとのこと、孫六温泉は泊まったことがないのでこちらも楽しみ〜

当日は新幹線で角館に向かいます。駅には同じ新幹線で来た今回参加の女性陣4名と駅には長野から車で来た福田さんが待っていて無事に合流。角館は去年の夏にも来たけど雪の角館もなかなか良いな、まずは稲庭うどんのお店でお昼を食べる。比内地鶏の親子丼も美味しそうだったので両方のセットを注文、美味しくいただきました。

角館
お昼は稲庭うどんと地鶏の親子丼

お店を出て角館をぶらぶらと見学をしながら車まで戻り、田沢湖方面に向かいます。田沢湖の辰子像を見に行きましたが福田さん曰く辰子像は日本の三大がっかりなんだよねと言ったのであと2つは何?と聞いたら札幌の時計台と後は知らないとのこと、あと1つは何だろうね。

角館
思っていたよりも雪は少ない

晴天の田沢湖は湖面が鏡のようになっていて逆さ秋田駒が綺麗に見える!!左に乳頭山も見えて本当に素晴らしい。このお天気が明日も続くことを祈って乳頭温泉郷の孫六温泉に向かいました。

田沢湖
鏡のような田沢湖と辰子像、秋田駒ヶ岳と左に小さく尖っているのが乳頭山

孫六温泉は大釜温泉から少し入ったところにあり、途中から川沿いを歩いて行く秘湯の雰囲気たっぷり、その奧に有る黒湯温泉は冬季営業していない。人気の乳頭温泉ですが人気なのは鶴の湯温泉だけなのか孫六温泉は私達6人と温泉マニアの若者1人の宿泊で、女性陣は3部屋続きの部屋を広々と使わせて貰った。時々観光客の人が日帰りの温泉に入りに来る以外とても静かなお宿です。

孫六温泉
孫六温泉に到着

温泉棟
温泉棟〜内湯と露天風呂は別棟

孫六温泉
温泉と夕食

2/23 晴れ
孫六温泉8:00〜(2時間10)〜田代平避難小屋10:10/10:30〜(50)〜乳頭山11:20/11:50〜(30)〜田代平避難小屋12:20/12:35〜(1時間15)〜孫六温泉13:50着 蟹場温泉と大釜温泉の湯巡りに行く

天気は上々、孫六温泉の裏から尾根に取り付き乳頭山を目指します。当初はラッセル覚悟でしたがしばらく雪が降っていないとのことでスキーのトレースが有ってラッセルしなくて済みました。

朝食
朝食を食べて出発

出発
登り初めの急登を登る

黒湯
しばらく登ると左に秋田駒と下には黒湯が見えた。

ブナの森
気持ちの良いブナの森を登って行く、ここ春の芽吹きの頃に来てみたいな

ブナの森
雪があった方が歩きやすいかも〜


開けたところから見えた秋田駒と田沢湖 (※大きくなります)

田代平
田代平湿原まで登ってきました〜湿原は雪の下で広々とします。

乳頭山
お〜ここに来てやっと乳頭山が見えて来た!!

田代平避難小屋
少し行くと田代平避難小屋に到着〜ここで仙台から来たという先行者が休んでいた。小屋の周りは掘られていて小屋に入れるようになっていた。

少し休んでから乳頭山に向かって登る。50分ほどで山頂に着きました〜風も無く360度の展望が広がる。目の前に去年の夏に縦走した秋田駒ヶ岳から笊森山が見え、秋田駒に奧には尖っている鳥海山まで見えました。ここでのんびりとお昼を食べる

小屋を出発

山頂
みんなで記念写真

岩手山
夏に来たときには見えなかった岩手山が目の前に・・・360度の展望


※大きくなります

名残惜しいけど下山、広いバーンを思い思いにスノーシューで下りあっと言う間に避難小屋に到着、福田さんがコーヒーを入れてくれて一休み。来た道を戻るけど下りはあっと言う間、最後の急登の下りが唯一緊張したところで無事に孫六温泉に下山しました。

下山
スノーシューで駆け下る!!正面に見える山は森吉山とのこと

下山
あっと言う間に下ってきた

思っていたよりも早く下山できたのでみんなで温泉巡りに行くことにした、私は乳頭温泉の湯けむり帳を購入。みんなは大釜温泉だけだったけど私は少し足を伸ばして蟹場温泉まで入り行った。蟹場。大釜温泉と入り孫六温泉に戻る道すがら川の畔を1人で歩いていると何とも幸せな気分でした。

温泉巡り
湯巡り帳¥1.500なり〜1年有効、3つ以上入れば元は取れる。

夕食
夕食〜今日はきりたんぽ鍋

2/23 曇り
孫六温泉8:30出発〜鶴の湯別館山の宿9:00〜(1時間15)〜鶴の湯10:15着日帰り入浴〜田沢湖駅13:30解散

帰る日の朝は曇り〜2日間お世話になった孫六温泉を後に鶴の湯別館の山の宿に向かい、ここからスノーシューで鶴の湯まで歩いて行きます。このコースは私も昔歩いたこと有る所、ブナの森はツアールの森と名付けられてとても雰囲気が良い。鶴の湯の日帰り入浴が10時からなのでゆっくりと歩いて途中でコーヒータイムを取りながら鶴の湯の裏に出た、半年ぶりの鶴の湯温泉です。

出発
孫六温泉を出発

鶴の湯
山の家から鶴の湯に向けて歩きます

鶴の湯裏
鶴の湯の裏側に出ました

鶴の湯正面
ご存じ鶴の湯温泉〜なつとはまた雰囲気が違いますね。

温泉に入り無料休憩所でお昼を食べ田沢湖駅まで送ってもらいここで解散、天気に恵まれて雪の乳頭山に登れたし孫六温泉にも泊まれて楽しいみちのくの旅でした。湯巡り帳を持って今度は新緑の乳頭温泉と黒湯にも行ってみたくなりました。
東北 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする