山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 上高地から徳沢冬季小屋 | main | 乳頭山(1477.5m) >>

黒斑山(2414m)

登った日: 2011年2月15日(火)〜16日(水) 晴れ
目的: 黒斑山スノーシューハイク
メンバー: マサコさん、SARASAWAさん、murakamiさん、mogu
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
家 高峰温泉



2/15 曇り / 晴れ
足慣らし

ずいぶん前から冬の黒斑山から浅間山の縞々模様を見てみたいなと思っていた、しかし夏の黒斑には一度登ったことが有りましたがなんとなく冬山は恐い気がして登れないでいた。今回福田ガイドさんにリクエストしていっしょに登って貰うことにしてマサコさんとsarasawaさんも誘ったもう1人長野の方も参加してくれた。高峰温泉も雲上の露天風呂が出来たとはがきを貰っていたのでそれも楽しみ。

何時も高峰温泉にいくときは池袋から西武バスを利用していましたが、時刻表が変わっていつものバスがない。新宿からのJRバスはあるみたいだけどマサコさんが車で行こうと提案してくれて今回は車で行くことに決定。平日なので満員電車で都心に出るのが憂鬱だったので助かった・・・・と思っていたら、前の日から関東地方は雪が降り朝起きた結構積もっていてびっくり!!でもべちゃべちゃの雪だったのですぐ溶けそう。待ち合わせの東所沢まで武蔵野線で行く予定が、重たい雪で木が線路に倒れて不通になってしまった。さてどうしよう・・・こういうときは焦っても仕方ないと新松戸駅で動くまで待つことにした。

1時間ほどで動き出しましたが、ちょうど通勤通学時間と重なり身動きが取れないくらいの混雑、胸が圧迫されて息が出来ない〜生まれて初めてこんなに混んだ電車に乗った。山に行く前に遭難しそうでした(泣)なんとか1時間遅れて待ち合わせの場所に着き無事に合流できましたが、体力を使い果たして青息吐息だったので行きの運転はマサコさんにお任せしてしまった・・・帰り運転します。と、いつもの事ながら前置きが長くなっちゃいましたが無事に福田さんとの待ち合わせ場所アサマ2000スキー場に到着。

小諸に着く頃は天気も回復して来ましたが車坂峠まできたら小雪がちらついている。スキー場のロッジでお昼を食べてから高峰温泉の雪上車に乗って高峰温泉に到着。3年振りの高峰温泉はいつ来て変わらない良いお宿です。取りあえず部屋に落ちついてから水塔ノ岳まで足慣らしに出掛けることになりました。

スーキー場
アサマ2000スキー場と迎えの雪上車

高峰温泉
20分位で高峰温泉に到着、何処かのグループが出掛ける支度をしていた。

水塔の岳登山口
宿の前にある、水塔ノ岳の登山口、トレースがない

前回来たとき(レポはこちら)に友達と登っていますが今回は前日に雪が降っているのでトレースもなく途中からラッセルになった。冬に何度か来ていますがこんなに雪が多かったのは初めてかも、この調子では明日の黒斑山もトレースは無いかも知れないと言うことで、みんなで交代しまがらラッセル訓練。上に行くにつれ雪が深くなって膝上くらいになりラッセルも大変、でもこんな経験めったに出来ないので結構楽しかった。時間的に山頂まで行けずに途中でお茶タイムをして下山する。天気も回復して来て高峯山が綺麗に見える〜下りはスノーシューで新雪をかき分けて下りあっと言う間に高峰温泉まで戻った。

出発
出発〜


天気が回復、正面に高峰山


吹きだまりは腰くらいの雪

さてさて、新しく出来た露天風呂に入ろうと思ったら、今日は天候が悪く閉鎖とのこと明日のお楽しみになりました。夜には星空観望会も開催された。高峰温泉ではその他にいろいろなイベントをやっていました。星空を見て明日は良いお天気になりそうです。


下りてきたら温泉♪、露天風呂はやっていなかった


美味しい食事、この他に鍋と天ぷらとお蕎麦が出ました

2/16 晴れ
コースタイム: 高峰温泉〜(雪上車)〜中道登山口9:10〜(1時間50)〜トーミの頭11:00〜(30)〜黒斑山11:30/12:20〜(1時間)〜中道登山口13:20着〜高峰温泉 ※歩行時間:3時間20分(小休止含む) 休憩:50分

朝起きたら晴天、美味しい食事を食べてから雪上車で駐車場まで行きそこから中道の登山口に歩いて行く。夏に黒斑山に登ったときは表道から登り裏道を下山してきたので中道は登っていない。駐車場の所に小さくスノーシューコースと書かれている看板の所から登りはじめる。

朝食
美味しい朝食〜と雪上車

登りはじめる
アサマ2000の駐車場の所から登りはじめる

トレースがないかなと思っていましたがかすかに残っていたけどやっぱり雪が深い、途中で正規の中道コースに合流するとしっかりとしたトレースがあって山頂までラッセルすることはなかった。コースにはテープで印がしてあるので迷うことはない、登って行くと途中の開けたところから振り返ると高峰山から水塔ノ岳籠ノ塔が見えその後ろには北アルプスが見えます絶好の登山日和だ。

さらに樹林帯の中を登っていくと表コースとの分岐に着いた、私達だけかと思っていたら単独の先行者が登って行った。分岐からはまだ浅間山は見えないけど富士山から八ヶ岳・南アルプスが見えます。少し休んでからトーミの頭に向かって登って行く、ここは右が切れ落ちているので注意が必要で今回は要らなかったけど凍っていたらアイゼンが必要になることも有る所です。

分岐
表コースとの分岐に出た〜八ヶ岳と富士山も見える

トーミの頭
トーミの頭に向けて登る

ひと登りでトーミの頭、縞々模様の浅間山が目の前に見える!!この景色が見たかったのよ。トーミの頭から黒斑山に向かう、左は樹林帯ですが右が崖なので歩行注意。途中火山情報とライブカメラの施設を通り越して登ると黒斑山山頂に着きました。

浅間山
トーミの頭から見えた縞模様の浅間山

黒斑山
トーミの頭から見るこれから登る黒斑山

山頂
山頂に着きました

先ほどの単独の男性は先に進んだみたいで誰も居ない私達貸し切りの山頂です。目の前に浅間山と軽井沢の町が見え遠くには日光連山も見える。風も無いのでここでゆっくりとお昼〜で、今日はガイドの福田さんのお誕生日と言うことでコーヒーとパウンドケーキでお祝いです。名残惜しいけど下山、来た道を戻ります。途中の広くなっているところでスノーシュー遊びをして下りはあっと言う間に駐車場に着いてしまった。

黒斑山
左:登る途中から見えた北ア 右:黒斑山から見えた浅間山(大きくなります)

八ヶ岳 北アルプス
左:正面に八ヶ岳と南ア 右:下山途中から見えたパノラマ
(大きくなります)

下山
下山します

また雪上車で高峰温泉に戻り温泉に入らせて貰う。今日は露天風呂が入れましたが私は写真だけ撮ってきた。なかなか眺めの良い露天風呂で次に来たときには絶対に入らなくちゃね。

露天風呂
高峰温泉に出来た露天風呂〜

またまた雪上車で駐車場に戻りここで福田さん達とお別れ、小諸の町に着いたら運転を代わり無事に東所沢の駅に着いて解散〜お天気に恵まれた楽しい2日間でした。
長野 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする