山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 剱岳(2998m)から北方稜線 | main | 安達太良山(1699.6m) >>

北ア・横尾本谷右俣から南岳

登った日: 2010年10月3日(日)〜6日(水)
目的: 秋の横尾本谷右俣遡行※2万5千地形図:穂高岳
メンバー: マサコさん、SARASAWAさん、KOYAMAさん mogu
ルート: 上高地〜岳沢小屋(泊)〜上高地〜横尾山荘(泊)〜横尾本谷遡行〜南岳小屋(泊)〜天狗池〜槍沢ロッジ〜横尾〜上高地
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
家 :岳沢小屋 / 横尾山荘 / 南岳小屋
温泉 :ペンションしるふれい



3日曇り 雨
コースタイム:上高地12:35〜(15)〜岳沢登山口12:50〜(2時間30)〜岳沢小屋15:20着 ※歩行時間:2時間45分(小休止含む)

横尾集合の日にちをなぜか1日間違えてしまい、福田さんから計画書が送られてきて間違えたことに気がついた。当初の予定では本谷を登り南岳からキレットを越えて奥穂高から新装になった岳沢小屋に寄って下山する予定していた。1日間違ってしまいさてどうしよう・・とみんなで相談。KOYAMAさんが岳沢小屋の坂本さんを表敬訪問したいと言うので、それならみんなで行こうと言うことになり岳沢小屋に泊まってから上高地に下り横尾山荘泊まりと話が決まった。結果的に翌日は雨だったので1日遅い方が良かったのです。

上高地に着き観光客に混じって河童橋でお昼を食べてから、ゆっくりと岳沢小屋まで登る、岳沢小屋までの登山道は整備されていてとても登りやすい道でした。新装になった岳沢小屋はとても綺麗で居心地いい、そして小屋の窓からは上高地がよく見えます。

上高地
河童橋よりこれから登る岳沢方面

登山道
登山道は歩きやすい、上の方は少し紅葉がはじまっている

小屋が見えた
小屋見峠から小屋が見えた

小屋から上高地
小屋から上高地を見る

さくらんぼ -------------------------------------------------------------- さくらんぼ

4日 雨
コースタイム:岳沢小屋9:25〜(1時間40)〜登山口11:05〜(45)〜明神嘉門次小屋11:50/12:35〜(1時間)〜徳沢13:35/13:50〜(50)〜横尾山荘14:40着 ※歩行時間:4時間15分 休憩:1時間

夜半から雨が降りだした、今日私達は来た道を下り横尾まで行くだけなので朝ものんびりとして雨が小康状態になったところで出発する。涸れ沢を渡るときに稜線を見上げたら滝が出現していたのでそれをカメラで撮っていたとき、急に水の音がして水が流れ出し涸れ沢があっと言う間に沢になって驚いた。伏流水が表に出て来たのだと思うけど、いきなり沢の音がして水が出て来たのを見てKOYAMAさんが沢のはじまりだ!!と言っていたけど本当にそんな感じだった。

滝
涸れ沢の先に昨日は無かった大滝が出現、このときはまだ水はない

沢
涸れ沢に突然水が流れてきた

小雨の中2人ほどの登山者とすれ違う、上高地に着きお昼を明神の嘉門次小屋で岩魚定食を食べようと明神に向かう。嘉門次小屋はちょうどお昼時で雨なのにたくさんの観光客で賑わっていた、私達も囲炉裏端で岩魚定食を食べてから、傘をさしながら横尾山荘に向かう。

嘉門次小屋
嘉門次小屋で昼食〜

さくらんぼ -------------------------------------------------------------- さくらんぼ

5日 晴れ
コースタイム:横尾6:30〜(1時間)〜本谷橋7:30/7:40〜(20)〜沢下降点8:00〜(15)〜横尾谷8:15〜(10)〜涸沢出合い8:25〜横尾本谷遡行(50)〜二俣9:15/9:30〜右又遡行(1時間35)〜黄金平11:05/11:50〜(1時間10)〜横尾尾根登山道13:00/13:10〜(55)〜稜線14:15/14:20〜(30)〜南岳小屋14:50着 ※歩行時間:6時間45分 休憩:1時間25分

去年、天候不順で沢の増水のため中止になった横尾本谷、今年こそはと去年から福田さんに頼んでいた。前日まで雨が降っていたのでまた中止になるのではとハラハラしましたが雨は前日の夕方までには止み大丈夫そうで一安心。そうそう、この本谷遡行に当たっては福田さんから「moguさん、沢靴とかハーネスとかの沢装備はいらないですからね。普通の登山靴で来てください」と言われていました。沢登りなのにいいのかなと思いましたが遡行してみて納得です。

一夜明けて横尾山荘の窓から見た屏風の頭は赤く焼けていて良いお天気です。この季節は涸沢の紅葉を見に来る登山者が多く、横尾山荘前もたくさんの登山者です。6時に福田さんがやって来て全員集合、まずは本谷橋目指して出発。本谷橋までは平坦な整備された道を歩いて行く、この道を歩いたのは5年前に奥穂高岳に登るために歩いた以来だわ。

横尾朝
横尾山荘の朝〜良い天気です

出発
出発〜とたくさんの人が休んでいた本谷橋

たくさんの登山者が休んでいる本谷橋で私達も一休み、沢は少し水量が多いくらいで遡行には支障ないとのこと。入渓場所はここから入るのではなく登山道を少し登ったところとのことで、また登山道を登っていく。しかし涸沢に向かう登山者と下りてくる登山者で登山道も渋滞、これが土日になるともっと凄いのでしょうね。下りてくる登山者が涸沢の紅葉が良かったよ〜と言っていたので本谷の紅葉に期待がふくらむ。20分ほど登山道を登っていくと涸れ沢の所に出でここから下降して本谷に下りる。ガレ場を慎重に下り沢に着くとさっきまでの喧噪が嘘のように静かです。

本谷橋
この涸れ沢を下り沢に下りた。

ゴーロを少し歩いて行くと涸沢との出合に着く、左が涸沢で右が横尾本谷。右の本谷に入り右岸を上っていく、後ろを振り返ると屏風岩がまるでトトロのようにそびえ両岸は紅葉に染まっている。沢の音を聞きながらの遡行はやっぱり気持ちが良い、難しいところもないしこれでは沢装備もいらないわ。しばらく右岸を歩いてくと二俣に着いた、左は北穂池に続く沢で見上げると上部はガレ場で滝も見える。私達は右俣を登ります、二俣を過ぎるとだんだんと傾斜が急になり所々徒渉も出てくる。

横尾本谷
本谷を遡行、ほとんどゴーロ歩き

二俣
二俣〜

左俣
左俣、この先に北穂池が有るのかな?

左岸に渡り草付きを小さく高巻く、そのまま左岸を歩いてくと正面に大岩が出てきた。ここも右を高巻くがロープがあったのでそれを頼りに登り、大岩のところでは木が邪魔して登りにくいので荷物を先に上げ登る。傾斜はますます急になって、正面にこの谷唯一の滝が見えて来たら右のルンゼを登るといきなり目の前が開けて、見事な紅葉にそまるカールに出た。みんなでわぁ〜と歓声を上げる、ここが最後の給水ポイントと言うことで沢から冷たい水を汲んだ。


左岸に移り


ここは右を高巻く

滝
この滝の右にあるルンゼを登って行くと


カールの底に出ました(写真・福田さん)


ばんざ〜い!!(写真・福田さん)


上を見上げると南岳の稜線が見える

もう一段上に登るとそこが黄金平、カールが黄金色に輝いている言葉もないくらいに素晴らしい。福田さん何回かこのルートを案内しているけど、今までで一番綺麗な紅葉だと言っていた。ここでお昼〜誰も居ない貸し切り状態でなんとも贅沢な時間です。


左:写真の左を登って行くと・・・右:黄金平に到着〜(大きくなります)

黄金平
黄金平の紅葉

名残惜しいけどこれから横尾尾根に向かって詰め、沢登りでは最後にこれが待っているのよね。でも、この広々としたカールを登って行くのは苦にならない。ルートは福田さんが指示してくれ、ガレ場を落石を起こさないように慎重に登る。1時間ほど頑張ってのぼり天狗池に下りるコルの少し上の稜線に出た。


稜線に向かって登って行く

詰めに入る
最後の詰めを登って行くと

稜線
こんなとこ出ました!!

天狗池方面から単独の男性が登ってきて、私達の声が響いていましたよ何処から聞こえてくるのか不思議だったと言われ、カールの底からの声は稜線を越えて響いてしまったらしい。福田さんにも私達の声はよく響くよと言われた。その人から天狗池の写真を見せてもらい紅葉が見頃になっているのを見て、明日の下山は南岳新道を下ろうと思っていましたが天狗池から下りることに決めた。

横尾本谷 天狗原
左:登ってきた横尾本谷 右:天狗原方面 (大きくなります)

横尾尾根
南岳小屋に向かい稜線を登る

ここから横尾尾根を稜線まで登ってから南岳を経由して一年振りに南岳小屋到着。薪ストーブが焚かれていて暖かい。夕日はあいにくガスがかかり見られなかった、夜少しみぞれが降ってきた。

南岳
南岳山頂から本谷をのぞき込む

南岳小屋
南岳小屋に到着

さくらんぼ -------------------------------------------------------------- さくらんぼ

6日晴れ
コースタイム:南岳小屋6:50〜(30)〜天狗原分岐7:20〜(1時間15)〜天狗池8:35/9:00〜(1時間45)〜槍沢ロッジ10:45/11:00〜(1時間)〜横尾12:00/12:10〜(50)〜徳沢園13:00/13:30〜(45)〜明神14:15/14:25〜(35)〜上高地15:00 ※歩行時間:6時間40分 休憩:1時間30分

朝起きてみたら外はうっすらと白くなっていた、日の出を撮りに獅子鼻に行くが地平線は雲がかかって居るみたいで朝日は雲の間から出てきた。

日の出
常念岳の横から日の出

福田さんのガイドツアーは南岳小屋で解散になる。本当はキレット越えをしたかったけど今年も縁がなかったなぁ、KOYAMAさんはもう1日お休みを取って有るので取りあえず小屋に残り、後の3人は天狗池まで福田さんと一緒に下る事にした。7時に出発〜昨日の雪がうっすらと残る南岳を越え天狗原の分岐から横尾尾根を下る。

キレット方面
南岳よりうっすらと白くなっている南岳小屋と北穂(写真・福田さん)

槍ヶ岳
分岐から槍ヶ岳を見る。今日も良いお天気

下る
横尾尾根を下る

昨日登ってきた横尾本谷を見ながら下ります、コルについてから天狗池まで正面に槍ヶ岳を見ながら下り天狗池に着いた。去年は私達だけで静かだったけど今年は紅葉がちょうど良くたくさんの人が来ていた。天気も良く池に映る逆さ槍と回りの紅葉が見事で来て良かったわ。

天狗原
天狗原に下る

天狗原
天狗原の紅葉

天狗池
天狗池の逆さ槍、今年も見られました。

福田さんはここから特急で下り、私達はのんびりと下る。でも上高地には遅くとも3時30分には着かなくてはいけないのでのんびりともしていられず9時には出発。槍沢から上高地まで回りの紅葉を見ながら早足で歩きなんとか上高地には3時に着くことが出来た。上高地からタクシーでしるふれいまで行き温泉に入らせて貰い、福田さんの車で松本に送ってもらった。

槍沢に
天狗池から槍沢の分岐まで

槍沢を下る
分岐より槍沢を下る

お隣の涸沢は激混みだというのに、北アルプスにもこの季節こんなに静かなところが有ったのですねぇ〜ほんとうに天気も良くみんなと楽しく遡行出来ました。横尾本谷右俣は沢装備のいらない沢ですがバリエーションルートなので、その時の水量とルートファインディング力が必要ですくれぐれも安易に入らないように〜
北アルプス | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

ハイジさん、レポ読んでくれてありがとう(^_^)

今年の紅葉はどうなるかな?と思っていたけどドンピシャで、紅葉も赤色・黄色と緑色が入ると目にも鮮やかで本当に綺麗でした。

南岳から見るキレットを今年こそは越えようと思っていたのに・・・なぜがキレット越えに縁がない。

天狗池は本当に別天地、私の大好きなところハイジさんも是非いってみて〜
mogu | 2010/10/27 7:29 AM
moguさんだけが間違えていたんじゃなくって、参加者全員に間違った日にちが伝わってしまっていたのね。

でもでも、キレット越えはできずとも、岳沢行って、横尾本谷を遡行して天狗池下って・・・って十分魅力的なコースを歩けたじゃないですか。


本番?登りと下りの日は天気も紅葉も良かったし。

天狗池の逆さ槍、見たいな。。。
ミセスハイジ | 2010/10/26 4:19 PM
コメントする