山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 白山(2702.2)縦走その3 | main | 白山(2702.2)縦走その1 >>

白山(2702.2)縦走その2


三ノ峰避難小屋から室堂センターまで

9日 朝方 濃霧 のち 晴れ
コースタイム:コースタイム:三ノ峰避難小屋6:35〜(10)〜三ノ峰6:45〜(1時間15)〜別山平8:00/8:15〜(40)〜別山8:55/9:15〜(15)〜御舎利山9:30/9:40〜(2時間40)〜南竜休憩所12:20/12:50〜(1時間45)〜平瀬道分岐14:35/14:45〜(15)〜室堂センター15:00
※歩行時間 6時間50分(小休止含む) 休憩 1時間25分

夜中にトイレに起きたとき外に出て見たら風も強く雨も降っていた、それからは天気が気になって眠れない・・・・雨も止むけはいしないし去年のようにまたここから下山になるのかなと暗澹たる思いでシェラフにもぐっていた。明るくなり朝ごはんを食べながら天気の様子を見ていたら、雨が止みだんだんと明るくなってきた。出発の予定は6時でしたが1時間遅らせたらだんだんと良くなってきたので出発する事にする。

Dさんの情報だとここからの登山道は刈り払いされていないらしく、足元が濡れるので雨具を着ていくことにした。カセージンさんとDさんはまた戻ってくるのでサブザック、私とマサコさんは縦走するので全部持って行かなくては、でも昨日重たいのは食べたし、残ったゴミはカセージンさんが持って行ってくれるというのでお言葉に甘えお願いした。朝方はどうなるかと思っていましたがやっと先に進める、避難小屋を後に三ノ峰に登ります。

福井方面
天気が良くなって福井方面が見えて来た。

三ノ峰避難小屋
登山道から見えた三ノ峰避難小屋

三ノ峰
三ノ峰に到着

またガスが掛かって三ノ峰からは何も見えません、三ノ峰からはいったん鞍部に下ります。登山道はしっかりしていますが笹が生い茂っていて気を付けないと滑る、昨日のトレランの人が走れない道だと言っていたけど足元が不明瞭だと走れないよね。稜線伝いに歩いて行くと谷にはお花畑が広がっている、天気もだんだんと良くなってきて正面に別山の稜線も見えて左側は福井県の町も見えてきた。

登山道
歩き始めはガスガス、登山道のお花畑が綺麗(写真@カセージンさん)

別山
ガスが取れて別山が見えて来た

福井方面
左を見ると福井の町と日本海も見える

こうなると現金なもので俄然元気になる。お花畑の中を登って広い大地になると別山平に到着、御手洗池の所で別山に掛かる雲が取れるのを待って逆さ別山を撮る、ここは広々として気持ちが良い所です。

別山平
別山平〜

白山
初めて白山が見えたけど山頂はすっぽり雲の中

御手洗池
御手洗池、ガスが取れて別山が見えてきた。

別山平からは痩せ尾根の急登を登っていくと正面に白山が見えて来ました、山頂は雲が掛かっていましたがそれも徐々に取れていく感じ。福井側がよく見えて荷揚げのヘリも盛んに飛んでいる、時々薄いガスが掛かりそこにうっすらと虹が見えた。

痩せ尾根
痩せ尾根を登っていくと

虹
虹が出た!!(写真@カセージンさん)

福井側の絶景を見ながら登っていくと別山に到着!!山頂には登山者が2人いるだけです。まずは神社にお参りをして山頂にいくと雲の取れた白山が見えました。360度の大展望で福井側はもちろん、下には白水湖ダムのエメラルドグリーンのダム湖が見え、その先にはなんと槍ヶ岳と大キレットが見えます。なんだか信じられない景色、7年前白山山頂から別山方面を見て登ってみたいなと思っていたので念願が叶い本当に嬉しい。ゆっくりとしていたいけど私達はまだ先が長いので先を急ぎます。

別山山頂
別山に到着〜

山頂の景色
山頂からの景色、360℃見渡せました。(クリックで大きくなります)

カセージンさんとDさんは御舎利山まで来てくれるとのこと、この山はチブリ尾根に下降する山で私達が行く予定の南竜方面は普通は巻いていくらしいのですがせっかくだから私達も登って見た。ここからチブリ尾根の下降はなんだか怖そうですよ。巻き路まで戻りここでお二人とはお別れ、本当にお世話になりました〜カセージンさんには中宮に着いたら電話すると言って二人に見送られて歩きはじめました。

別山を後に
別山を後に御舎利山に向かう

御舎利山分岐
分岐に到着〜ザックを置いて登る(写真、カセージンさん)

御舎利山山頂
山頂からは白山がよく見えた。

お別れ
私とマサコさんは2人に見送られ南竜に向かいます。(写真カセージンさん)

御舎利山からの登山道は油坂の頭までアップダウが続きガレ場もあり気が抜けませんが、途中のお花畑を見ながらのんびりと歩いて行く。単独の男性と二人連れの女性とすれ違っただけでとても静かな登山道です。油坂の頭からは急な登山道を沢まで下るのですが途中真っ白なお花畑が出現、よく見るとコバイケイソウ・イワイチョウなどの白いお花だけの群落でしたなんだか面白い〜正面には谷を挟んで南竜のキャビンが見えます。

登山道
油坂の頭までの登山道


油坂を下って行く、前方に南竜山荘が見えた

お花畑
白いお花畑

岩ゴロの登山道を下ると沢の所に出た、ここで持ってきた水を捨てて入れ替える。沢を渡り南竜までの登りが結構きつい、ふうふういながら登ると湿原に出て木道を歩いて南竜休息所に到着。ここまで来るとたくさんの人が休んでいる、私達もここでお昼にします。南竜山荘でなにか食べられるかなと思ったけどカップラーメンくらいしかないと言われ、珈琲を頼んで持ってきたパンを食べた。


沢を渡り登ると南竜山荘に着いた

南竜から室堂にいくには3コースあり、前回はトンビ岩コースを下ったので今回はエコーラインかアルプス展望コースのどちらかを登ろうと思っていた。迷ったあげく今回はアルプス展望コースに決め南竜山荘を出発してアルプス展望コースに入る、初めは木道が続き緩やかに登っていき途中の柳谷の所で初めてハクサンコザクラが咲いていた。谷の所もお花畑で目を楽しませてくれる、谷を渡りコメツガの森の急登を登るとアルプス展望台に着いたがガスガスで何も見えません。

展望台コース
展望コースはガスガスで何も見えなかった。

右に雪渓を見てさらに登っていくと室堂平の大地に到着、ハイマツ帯を歩いて行くと平瀬道との分岐に着く。御前峰の下にある雪渓から流れている沢の所でしばし休憩する。室堂に歩いて行く途中1人の女性が熱心に見ているので何かなと思ったら黒百合が咲いていた、回りを見渡すと結構咲いていて明日のお花松原が楽しみになった。

分岐
平瀬道の分岐に到着

雪渓
御前峰直下の雪渓からは冷たい水が流れていて一休み

黒百合
回りにはお花がいっぱい咲いていました。

室堂センター
室堂センターが見えてきた。

ハイマツ帯の登山道を歩いて行くと室堂センターに到着、着いたとたんに小雨が降ってきてセーフ。白山神社にお参りをしてから室堂センターで受付をして宿泊棟にいく、宿泊棟は3棟あり私達は真ん中のこざくら館、部屋は二段で20人泊まれる。今回は女性5人で2段の下を使う、思っていたよりも混んでいなくて良かった。乾燥室もあったのでカッパなどを干してからビジターセンターにいき生ビールで乾杯、ここでは買った缶や生ビールのコップは各自お持ち帰りしてくださいと言われ缶ビールだと嵩が張るので生ビールを飲む。

奥宮拝殿
室堂センターと奥宮拝殿

夕食
泊まった宿泊棟と生ビール、夕食と夕焼け

テーブルにいた4人の人達は室堂に2泊したようで今日はお花松原まで行って来たらしく状況を聞くと雪渓は大丈夫だとのこと、お花松原のお花畑が凄かったと教えてくれ明日が楽しみです。今回の縦走計画、なんで一番長いこのコースにしたかというと、中宮道にあるこのお花松原に行ってみたかったからなのです。それと御前峰から日の出を見ること、この二つを見たいが為に計画をしました。話しを聞くと前の日もお日の出は見られなかったようで、ちなみに白山ではご来光と言わずにお日の出と言うとカセージンさんに教えてもらった。明日の天気はどうかなと張ってあった天気図を見るとなんと台風が発生していた。

別山方面
外に出て別山方面を見る・・・あそこから歩いてきたんだな〜

室堂センター
振り返って室堂センターと御前峰、明日お日の出見られるかな

ご飯の後夕焼けを見に外に出ましたがもう少しの所でガスガスになってしまい見られ無かった。売店も早々に閉まったのでもう寝るしかない、天気予報は絶望的だけどお日の出が見られるといいなと思いながら寝ます。夜中にお弁当にして貰った朝食を貰い忘れたことに気がつい慌ててしまうが、朝受付に行ってみたら取ってありもらえたのでほっとした。

今日出会ったお花達(クリックで大きくなります)
お花


その3に続く
北陸 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする