山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 北八つ・中山峠(2410m) | main | 北高尾山稜から陣馬山(857m) >>

草津白根山(2171m)

登った日: 2010年3月13(土)〜14日(日)
目的: 志賀〜万座、スノーシューハイク
メンバー: mogu他3人+ガイド1名
ルート: 長野駅〜(バス)〜志賀高原石の湯ロッジ(泊)〜(リフト)〜横手山山頂〜渋峠〜山田峠〜草津白根山〜万座スキー場〜万座温泉〜(タクシー)〜万座鹿沢口解散
 嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
おうち : 志賀高原・石の湯ロッジ
温泉:  万座温泉 豊国館


※注意 この地図は正確なルートを示しているのではありません。

3/13 雪
12:45〜15:00 石の湯ロッジ近くで足慣らしハイク

志賀高原から万座スキー場、このキーワードですぐに「私をスキーに連れて行って」を連想出来る人は私と同年代かユーミン好きな人ですね(笑)今回、福田さんのスノーシューツアーでこのコースが出たとき、ユーミンが大好きなな私はこれはいかねばと思い即申し込みをした。スキーをする人にはお馴染みだと思いますが私はスキーをしないので冬の志賀高原に来るのは初めてです。

上野から長野新幹線に乗り長野駅で福田さんと他のメンバーと合流、今回参加の3人の方達は以前福田さんのツアーで一緒になった方達でした。長野駅から志賀高原行きのバスは半分ぐらいの人でゆっくりと座れた、途中から雨が降ってきて午後からの予定が心配。平床バス停で下車、バス停には石の湯ロッジの車が迎えに来てくれていました。ロッジに着きお昼を食べていたら雨が雪に変わり、予定通りスノーシューで足慣らしに行くことになり急いで支度をする。

石の湯ロッジ
石の湯ロッジ

ロッジ前からりんどう平に登りそこからは地形図を見なが登っていく、雪が重たくて歩くのが大変でしたが誰も居ない尾根道を歩いて行くのは面白かった。2時間歩いて閉鎖された笠ヶ岳スキー場到着、ロッジの車が迎えに来てくれて戻る。

歩き始め
ロッジの前からりんどう平にむけて登っていく

登ったところ
上から石の湯ロッジを見る

尾根を歩く
雪庇がある尾根を歩く

ダケカンバの林
ダケカンバの林の中、林道に向けて登る

車で石の湯ロッジに戻り温泉に入り体を温めてから美味しい食事を頂きました。

暖炉
暖炉のある食堂

夕食
豪華な夕食、美味しかったです。


さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ


3/14 晴れ コースタイム:石の湯ロッジ8:20〜(15)〜志賀高原石リフト乗り場8:35〜(リフト)〜横手山山頂9:10/9:40〜(20)〜渋峠10:00〜(1時間10)〜山田峠11:10/12:00〜(40)〜草津白根山12:40〜(35)〜万座スキー場13:15〜(20)〜万座温泉13:35

今日の天気は昨日とうって変わり良い天気、宿の美味しい朝食を食べて宿の車でリフト乗り場まで送ってもらう。横手山山頂まで3基のリフトを乗り継いでいく、乗っている間は回りの樹氷などを見る余裕がありましたがやっぱり下りるときに緊張する。

朝食
朝食と昨日歩いた方面、樹氷が綺麗だった

リフト乗り場
リフト乗り場、正面の横手山山頂まで行きます

リフトに乗る
リフトに乗っているときは寒い、特にお尻が冷たかった

志賀高原のシンボル笠岳

なんとか滑らずに2300mの山頂に到着、展望台に登ってみると風が強くて寒い〜浅間山の向こうには富士山の頭も見えて360度の展望。横手山ヒュッテ でトイレ休憩、ここで有名なパンを2個買った

横手山
右:写真クリックで大きくなります(写真by福田さん)乗鞍岳〜白馬三山まで見えた。

ヒュッテ
横手山頂ヒュッテ

わんこ
ヒュッテの前にいたわんこ

横手山山頂から渋峠までスキー場の脇をスノーシューで下っていく、正面は苗場山方面かな?がよく見える。あっという間に渋峠、峠にはここにも注意書き付きのゴールデンレトリバーのインディー君が繋がれていて愛敬を振りまいていた。

スキー場を歩く
横手山から渋峠に向かってスキー場を下っていく

渋峠
渋峠に到着〜峠のアイドル、インディー君(笑)

圧雪車? 大きな圧雪車が国道を塞いでいた。

ここから国道を歩く吹きさらしですが思っていたほど風も強くなく、昨日の雪とは違いさらさらパフパフの雪なので歩きやすい。しばらく行くと「日本国道最高地点標高2172m」の看板のある所に到着、ここ前に車で通っているはずだけど覚えていない。白根山の向こうには浅間山も見え草津の町も見える、記念写真を撮って山田峠を目指して国道をまた歩いて行く。

-4度
-4℃です

最高地点
後ろは白根山、

道路脇はもう笹が見えはじめて路面も見えている。途中から国道を離れ尾根を行くが雪が積もっているから歩ける場所なんだろうな、こういう所もスノーシューだから歩ける。パフパフの雪の上を歩くのはとても気持ちが良い、やっぱりスノーシューはこうでなくちゃね。

国道を歩く
国道を歩く

尾根
国道からそれてこの尾根を歩きます


パフパフで気持ち良く歩ける

尾根から国道に下りて少し歩いて行くと山田峠の避難小屋に到着、この山田峠はいつも風が強く吹いているので有名とのこと、避難小屋も石造りで頑丈に出来ている。中は10畳くらいかな〜あまり綺麗ではないけどそんなことよりも風を除けられるのが有りがたいですね。ここでお昼休憩、今回なんと福田さんがチーズフォンデュを作ってくれました。みんなでハフハフしなから食べて完食〜ご馳走様でした。

小屋
国道のフェンスに付くエビのしっぽ、山田峠の避難小屋

お昼
福田さんがチーズフォンデュを作ってくれました、それといつものコーヒー

小屋のお陰でゆっくりとお昼が食べられて出発、外に出ると相変わらず風が強い。小屋の前から国道を横切り斜面を登っていく、本当に誰も居なくて私達の貸し切り状態。下って国道に再び出てから白根山の登り、こちらは風で飛ばされたのか解けてしまったのかあまり雪が着いていない。ザレを登り切ると白根山の外輪に到着、残念だけどここからはお釜は見えない。北アルプス方面がよく見え360度の展望、横手山をバックに記念写真を取り万座に向けて下山。ここの下りもパフパフの雪、スノーシューで駆け下りるこれぞスノーシューですね。


歩いてきた所を見る、下には山田峠の避難小屋(クリックで大きくなります)

白根山山頂
白根山山頂、後ろは横手山あそこから歩いてきた

国道まで駈け下りてまた国道を歩いて行くと万座スキー場に到着、ここからスキー場を歩いて下り万座温泉に無事着きました。

下り
この斜面を駆け下りました

スキー場
万座スキー場に到着〜

今回は天気が良くパウター雪の中をスノーシューで歩けて本当に楽しかった。スキーをしない私が雪山を楽しむ事が出来るのはスノーシューが有ればこそ、またこんなに楽しいツアーを企画してくれた福田ガイドさんのお陰、自分では絶対に来られないものね。また楽しいツアー企画してください楽しみにしています。
長野 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする