山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 房総・伊予ヶ岳(336.6m)・富山(349.5m) | main | 乗鞍・位ヶ原雪上訓練 >>

御岳山(929m)

登った日:2010年1月30日(土) 天気 晴れ
メンバー: mogu
目的: トレーニング



コースタイム:古里駅9:30〜御岳山登山口9:35〜(1時間25)〜大塚山11:00/11:05〜(25分)〜御岳神社11:30/11:40〜(1時間05)〜大楢峠12:45/12:55〜(1時間)〜鳩ノ巣13:55〜(1時間15)〜奥多摩駅15:10 ※歩行時間:5時間15分 休:25分

燕岳いらい登りらしい登りをしていなかったので何処かでトレーニングしなくちゃと思い、初めは丹沢の大倉尾根に行こうかなと思ったのだけど、前に登ったとき霜が解けて田んぼ状態だったことを思い出し奥多摩の地図を広げた。駅から登れるところを探していたら、古里から御岳山に登るコースが目に付いた御岳山はなんどかケーブルカーで登った事はありましたが歩いて登ったことがない。前から機会があったら登ってみようと思っていたので、古里から登り鳩ノ巣に下りるコースにする。タイム的には短いので朝もゆっくりと出掛けられ、青梅駅で乗り換えの時にホームにある前から気になっていた立ち食いそば屋さんに入りうどんを食べる。

青梅想ひ出そば
青梅駅のホームにある「青梅想ひ出そば」

古里駅に着き御岳山の登山口に向かう、丹三郎屋敷を過ぎると右に御岳山登山口の標識が出て来てしばらく登ると立派なトイレがあった。登山口から柵を抜けて登山道に入っり登りはじめる登山道は急なところもなく広いし歩きやすい、杉の植林は手入れも良くて木漏れ日がいい感じ。

丹三郎
丹三郎屋敷、いつか入ってみたいものです。

登山口
登山口は判りやすい


手入れの行きと届いた林は気持ちが良いですね

淡々と登っていくと二人組の人に追いつき追い越して尾根に登りジクザクの登山道を登っていくと大塚山に着いた。ここまで二人組と下ってきた人に会っただけで静かな登山道〜大塚山でひと息入れて御岳神社に向かう。この道御岳の何処に出るのかな?と思っていたらビジターセンターの所に出た、そこからは参道を登っていき御岳神社に到着、天気もいいのでたくさんの参拝者と登山者がいました。お参りをして下りようとしたときに高校生達が駆け上がってきて元気よく挨拶をしてくれた。

大塚山
大塚山山頂〜ベンチがありひと休み

神代ケヤキ
参道にある推定樹齢1000年の「神代ケヤキ」

御岳神社
御岳神社の参道

お参りをして元来た道を下り「鳩ノ巣路」という看板の所から鳩ノ巣に向けて下山する。途中の立派な萱葺き屋根のお家がありますがなにか特別なお家かと思っていたら普通に人が住んで生活しているようで驚きました。登山道は奥の院、鍋割山を巻くように付いていてほぼ平坦で歩きやすい、お昼過ぎなのに結構登ってくる人もいて何人かとすれ違いました。冬枯れの路はあまり特徴が無く大楢峠に着いた、峠には大きな木があり近くに行ってみたら樹齢は500年のコナラだそうで,根が傷むのでサークルの中には入らないで下さいと書いてあった。ベンチがあったのでひと休み。

鳩ノ巣路
鳩ノ巣との分岐には萱葺き屋根の民家

大楢峠
大楢峠に到着、

大楢の木
コナラの巨木、推定樹齢500年

ここから奥多摩方面にもいけますが取りあえず鳩ノ巣駅に向かうことにする。下っていくと民家が見えてきてそこを通り過ぎるとバットレスのキャンプ場に下る路が出て来てそこには休憩所もあり蛍の里と書かれている。バットレスが見えるかなと思って歩いて行きましたがそれらしいのは見えず、鳩ノ巣方面と古里方面の分岐に着いた。ここには東屋があり奥多摩の町がよく見えます、正面に見える山は本仁田山かな?

バットレスキャンプ場
ゲンジボタルの里と書かれていた。ここからバットレスに行けるのかしらね

古里との分岐
古里との分岐、

奥多摩町を俯瞰
開けていて眺めがいい〜正面に見える山は本仁田山かな?

鳩ノ巣方面に下りるとすぐに車道に出て歩いて行くと鳩ノ巣駅に通じる橋の所に出た。まだ時間も早いので鳩ノ巣渓谷の遊歩道を歩いて奥多摩に行こうと思い鳩ノ巣渓谷を歩いていくと白丸のダムの所で通行止め〜仕方ないので青梅街道に出て奥多摩駅まくで歩いた・・・・・こんなことなら鳩ノ巣駅に行けば良かった。てくてく青梅街道を歩きなんとか3時台のホリデー快速に乗る事が出来ました。

鳩ノ巣に着く
吊り橋を渡って正面に行くと鳩ノ巣駅、左に行くと鳩ノ巣渓谷の遊歩道

鳩ノ巣渓谷
鳩ノ巣渓谷

白丸ダム
ダムの所で通行止め・・・・

今回のコースは家をゆっくりと出られたし早く帰れたから良かったけど、でもトレーニングにはちょっと物足りなかったかな〜次はもう少しハードなコースを歩かないとね。
奥多摩 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

鳩ノ巣に下るところにある萱葺き屋根の民家は私も宿坊かなと思っていましたが、脇を通るときにみたら普通の農家のように見えたので思ったのですが違うのかな?

バットレスキャンプ場はここから下れるみたいですね、春になったら鉄五郎新道を歩いてイワウチワ見に行きたいと思ってます。

私達も上高地は天候不良で中止しました、一緒に行けるのでよろしく〜
mogu | 2010/02/10 9:44 AM
奥多摩の兜造りの民家ですね。
宿坊ではありませんでしたか?

蛍の里って、バットレスキャンプ場の所ですか? だとしたら、展望台から正面がバットレスですよ。 沢に下っていくとキャンプ場で、バットレスの岩場に出られるのかな。
(奥多摩仙人の皆さんに確認して下さい)

そうですね、moguさんには物足りないでしょうね。 私は全くトレーニング不足なので、例の件は足を引っ張ると思いますので、足が長くなるとご勘弁を。
セブン | 2010/02/09 9:00 PM
コメントする