山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 箱根・矢倉岳(870m) | main | 冬の富山 グルメ&スノーシューツアー >>

燕岳〔2763m〕

登った日:2009年12月22日〜25日 天気曇り/晴れ
メンバー:マサコさん、moguと登山教室4人
目的燕山荘主催 燕岳登頂ツアー
コース:中房温泉登山口〜合戦尾根〜燕山荘〜燕岳山頂〜燕山荘〜合戦尾根〜中房温泉登山口〜中房林道〜宮城ゲート〜保健センター〜穂高駅
おうち 中房温泉 燕山荘
温泉 保健センター




植物 12/22 コースタイム 曇り:宮城のゲート11:15〜(4時間15)〜中房温泉15:30着

今年最後の山行は燕山荘主催の登山教室で燕岳に登る。あれ〜今年はじめと一緒じゃないと思ったのでは?そうなのです、まったく一緒(笑)でも、シーズンで言えばこの山行は今年初めての雪山になるのです。当初の予定では前回と同じ1月に申し込もうと思っていたら、予定が入っていたので12月最初の教室に申し込みました。それにもう一つの理由は誕生日を山の上で迎えてみたいと思っていたのでこの日程がちょうど良かった。

千葉からのあずさにのり途中の立川で今回一緒に行ってくれるマサコさんと合流して穂高駅まで行く。穂高駅からタクシーで宮城ゲートまで行くのですが、ここで年配の方と相乗りを頼まれて一緒に行きましたがもしかして登山教室の方かなと思っていたらなんと写真家の方だったことが後で判った。

穂高駅から常念岳
穂高駅からは常念岳がよく見えた。

前回はゲートで燕山荘のガイドさんを頼み一緒に中房温泉まで行って貰いましたが今回はマサコさんと一緒なので頼まなかった。覚悟を決めて長い林道を歩き出ししばらく行くと途中で女性1人が追いついてきて話しを聞くと登山教室に参加する人でした。

ゲート
宮城のゲートと途中で見たつらら

林道
ちょうど中間地点あたり

信濃坂
登りの信濃坂、ここは帰りのほうが疲れる。

中房温泉までは4時間ちかく歩くのですが1回歩いているので今回はそんなに長く感じなかった。2人でおしゃべりをしながら歩いて中房温泉に到着〜今晩は登山教室に参加するメンバー6人と相乗りしたカメラマンの計7名が泊まる。

中房温泉
中房温泉にやっと到着

前回は広い部屋に1人でしたが今回は前より狭い部屋に3人だった、部屋は暖かくて良かったけどやっぱり中房温泉は寒い。

さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ

植物 12/23 コースタイム 曇り 雪:燕岳登山口7:20〜(50分)〜第1ベンチ8:10〜(40分)〜第2ペンチ8:50〜(2時間)〜富士見ペンチ10:50〜(55分)〜合戦小屋11:45/11:55〜(1時間55分)〜燕山荘13:50着※歩行時間6時間20分(小休止ふくむ) 休10分

登山教室は、7時に登山口集合〜中房温泉まで小山さんが迎えに来てくれました。登山口では井村さんが待っていてくれみんなで自己紹介、私達を入れて女性5人と男性1人この男性は登山教室4回目の参加だそうでいつも第一回目に参加しているそうです、私もそうですがリピーターの参加者が他にもいて初めての参加は2人だけだった。それから夏の燕山荘で働いているという若者2人も同行して総勢10名で出発です。前回は登山口からアイゼンを履いて登りましたが今回は履かない、履かないで登った方が早いことは早いが井村さんはなるべくアイゼンを履かずに歩く練習をした方がいいとのこと、後で聞くとアイゼンに頼っているとアイゼン無しでは歩けなくなるからと言って納得。

出発
中房の登山口に集合

第1ベンチ、第2ベンチと順調に登り第3ベンチでワカンを付けました。前回はお正月にたくさんの人が登った後だったので登山道もしっかりとトレースが付いていましたが、今回はまだ登っている人が少ないのでトレースも踏み固められていなくてワカンを履いた方が歩きやすい。第3ベンチから富士見ベンチと登っていくとちらちらと雪が舞ってきた、曇り空で富士山は見えなかった。合戦小屋に着き少し休憩、前回とは違い空はどんよりとしていて雪も降ってきている。休んでいるときに井村さんから、合戦尾根は風が強いのでここで目出帽を付けていった方がいいですよと言われたので急いでかぶる。冬山では、風が強くなったり吹雪いたりしてから装は付けられない、先を読んで早め早めに用意していかないとダメなのだなと改めて思った。一番確実なのはガイドさんと同じ格好にすることですね。

登山道
前回よりも雪が多く感じました。

案の定合戦尾根に出たら猛烈な風が吹いていて、こんな所で装備は出せないので下で付けてきて良かった。前回は晴天だったのでルンルンで登れましたが今回は雪も深く一歩一歩前の人の踏み跡をたどらないと足を取られるので気が抜けません。燕山荘も見えないしひたすら登りやっと燕山荘の冬季小屋の後ろに付きましたが、井村さんからここから稜線に出ると風が強いので飛ばされないように注意して下さいと言われた。前回はそんなに強くなかったけど今回は半端じゃない風が吹いていて飛ばされそうになった。風速20m位有ったのではないかな〜本当に前に進めない位でやっとの事で燕山荘に着きほっとしました。


合戦尾根を登る(写真by燕山荘さん)

外は吹雪いていますが小屋の中は暖かくて快適〜取りあえず部屋に落ちつく、寝る場所も広く使わせて貰えた。この時期燕山荘にいる方達はほとんどがカメラマンの人達で、昨日一緒にタクシーを乗ってきた方も燕山荘では身内とのことで売店に写真集が置いてありました。私達が炬燵に入っているとなんと多摩moguさんが登ってきました〜私達がこの日登ると聞いてトレースもあるよ〜と言うことで宮城のゲートがいっきに登ってきたのですが、合戦尾根は吹雪いていて大変だったようで無事に小屋について本当に良かったわ。

クリスマス
入るとクリスマスツリーがお出迎え〜

夕食は多摩moguさんとカメラマンの方と私達登山教室とガイドさんでテーブルを囲み、この日は私の誕生日とイブイブと言うことでケーキとワインが付いていました。燕山荘のスタッフの方達にお祝いしてもらえ、頑張ってのぼってきて良かった〜皆さんありがとうございました。そうそう、マサコさんも私を驚かそうとローソクとパウンドケーキを担いできてくれたようなのですが、このときは探してもなく下に忘れてきたと思って残念がっていました。

夕食
豪華な夕食とワイン、手作りのクリスマスケーキは美味しかったです。


さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ


植物 12/24 コースタイム 晴れ:燕山荘8:50〜(50分)〜燕岳9:40/9:50〜(45分)〜燕山荘10:35※歩行時間1時間35分

夜は吹雪いていたみたいでしたが朝起きたらガスガスで日の出は無理かなと思って外を見ていたら、みるみる天気が良くなったのでカメラマンさん達はご飯も食べずに外に出ていった。私達も急いで朝ごはんを食べて日の出を見に外に出る。富士山も南アルプスも見えて夜の吹雪で燕岳もまっ白になってる、槍も朝焼けで赤くなっていて本当に素晴らしい朝!!みんな大感激していました。

山男さんと燕岳
ひらめき大きくなります。
燕山荘からの日の出とまっ白な燕岳


朝の燕山荘と合戦尾根

多摩moguさんは7時に燕岳に向けて登っていきました、多摩moguさん燕岳に登頂して戻ってきた所で多摩moguさんの下山を見送って私達も出発〜雪が柔らかいのでつぼ足で山頂に向かいます。前夜の吹雪で花崗岩の岩肌に雪がびっしりと着いていて岩がまっ白になっています。ここからは説明はいらないですね、写真をご覧下さいませ〜


ひらめき大きくなります。
山頂に立つ多摩moguさん、

イルカ岩
燕岳山頂までにある岩のオブジェ


無事山頂に到着〜360度の展望


ひらめき大きくなります。
大天井から槍ヶ岳までの稜線


さて、燕山荘に戻ります。

風もなく無事に燕岳に登頂出来ました。燕山荘に戻りお昼はカレーうどんを食べて炬燵でまったり〜午後からは稜線歩きで蛙岩の手前まで歩いて行き途中で、井村さんから冬の稜線歩きの時にどういうところで休んだら安全かという事を教えて貰いました。

槍ヶ岳
ひらめき大きくなります。
稜線上から見えた、富士山方面と槍ヶ岳

元来た道を戻り燕山荘に着いたら大学生達が到着してテントを張っていた。大学の山岳部でここから上高地まで縦走するとの事、若者が頑張っているのを見るのはいいものです。今日は風もなく穏やかな一日で夕日も綺麗です。

84v
ひらめき大きくなります。
笠ヶ岳に沈む夕日と高瀬渓谷の雲海と夕日に染まる燕岳

今晩の夕食にもクリスマスイブと言うことで燕山荘さんのスタッフの手作りのケーキと赤ワイン、ここでマサコさんが私のために持って来てくれたローソクが見つかったのでもう一度誕生日を祝って貰いました。ついでと言っては何ですが1月に70歳の誕生日を迎えるというカメラマンさんも一緒にお祝いしました。冬の燕山荘は最高!!


美味しい夕食とケーキ、美味しいワインも頂きました。


さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ

植物 12/25 コースタイム 晴れ::燕山荘8:00〜(1時間5)〜合戦小屋9:05〜(2時間20)〜登山口11:25/11/50〜(2時間50)〜宮城のゲート14:40着※歩行時間6時間15分(小休止含む)休25分

楽しい時間はあっという間に終わってしまい今日は下山日、今朝の日の出も素晴らしくお名残惜しい。8時に燕山荘のスタッフの皆さまに見送られて出発〜お世話になりました。

日の出 槍ヶ岳
ひらめき大きくなります。
日の出、今日は少し雲が多いが富士山は見えた、表銀座の稜線。

下山は登ってきたときとは違い良いお天気、アイゼンを履いて快調に合戦尾根を下りあっという間に合戦小屋に着いた。ここからもあまり休まずに下っていくとぽちぽちと登ってくる人達とすれ違う。大体は単独の男性が多いが1人で登ってきた女性もいて凄いなぁと思う。

燕山荘しゆっぱつ
燕山荘を出発

合戦小屋
合戦小屋に着きました。

登山口に到着、登頂証明書を頂く。ここで皆さんとはお別れ〜私達は中房温泉に荷物を取りに行き最後に出発。

登山口
登山口に無事到着〜これから長〜い林道歩きが待っている。

林道をてくてく歩いて行くとこれから登る人達とすれ違う。疲れた頃にやっと宮城のゲートに到着・・・・やれやれ。立ち寄り湯は燕山荘の人に聞いた有明神社側の保健センターに入り、タクシーで穂高駅に行った。
北アルプス | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

多摩moguさん、そう山頂の点のように見えるのが多摩moguさんです。山頂一番乗りは気持ちが良かったでしょ〜実際はもっとよく見えたのですがカメラで撮るとこんな感じになってしまいました。

次は1月がいいですよ〜お正月にたくさんの人が登るからトレースもバッチリ付いてます。
mogu | 2010/01/19 6:28 PM
あの小さいのが私ですか、山荘から見ると結構遠いんですね、トレースの無い雪の上を進むのは気持ちが良い物です、次も行きたいですね。
多摩mogu | 2010/01/19 5:45 PM
コメントする