山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 飯豊連峰・オンベ松尾根から大日岳(2128m) | main | 三頭山でなべっこ遠足 >>

奥多摩・酉谷山(1718.3m)

登った日:2009年10月31日(土) 晴れ
目的:Hgさん主催、秋のオフ会
メンバーHgさんカセージンさん、多摩moguさん、いっきさんリブルさん
まさこさん、Chiyomiちゃん、mogu
コースタイム:小川谷林道終点9:10〜(15)〜三俣9:25〜(2時間)〜長沢背稜登山道11:25〜(15)〜酉谷避難小屋11:40/12:10〜(15)〜酉谷山12:25〜(15)〜長沢背稜12:40〜(10)〜尾根下降地点12:50〜(1時間20)〜三俣14:10/14:20〜(20)〜小川谷林道終点14:40
※歩行時間:4時間50分(休息含む) 休:30分
温泉 梅の湯


※注意 この地図で登山道をはずれているルートは、正確なルートを示しているのではありません。


今日は恒例になった秋の奥多摩オフ会、場所は去年歩いた笠取方面か酉谷方面のどちらかその日の天気によって決めますとの事だった。Hgさん以外は青梅に集合して多摩mogu号に乗り奥多摩駅でHgさんと合流。酉谷に行くのなら一昨年滝谷を遡行して下りた尾根を下りてみたいと思い、Hgさんと会って酉谷に行くことになったのでダメもとで提案してみたら、他のメンバーも賛成してくれ提案した尾根を下りることになりました。

2台の車で小川谷林道を走り林道の終点に到着、何台かの車が駐まっていました。支度をして三俣に向かう途中の紅葉もきれいだやっぱり紅葉は天気が良いのに限る。一昨年は台風で三俣の橋が流されていましたがきれいに修復されていた。

小川谷林道終点
久しぶりの小川谷林道、この時期に来たのは初めて

林道
登山道、このあたりはまだ紅葉していない・・・

紅葉
と思ったらこんな楓の紅葉が

登山道
登山道も日が入り綺麗に紅葉している


三俣の橋

酉谷に向けて沢沿いの道を登っていく、高巻きの道からは素晴らしい紅葉が見られた。旧酉谷小屋はまだ倒れずに建っていました、小屋から少し登ると指導標が出て来てそこで休憩〜


登山道途中からの紅葉


旧酉谷小屋はまだ建っていた

この場所はHgさんお気に入りの場所、前回の新緑の時も良かったし秋もやっぱり良い。ここから少し登山道をはずれて自然林の中を登っていく、ザレザレの急登をフウフウ言いながら登り長沢背稜の登山道にでました。


このあたりの自然林は素晴らしいなぁ


1400m付近は紅葉真っ盛り

登山道を酉谷小屋まで歩いていく、酉谷小屋では土台の修復が行われていました。小屋でひなたぼっこしながらお昼休憩、天気が良ければ富士山も見えるそうですが今日はあいにく霞んでいて見えません。


酉谷避難小屋到着、冬には使えるようになりそうですね。


小屋からの風景、富士山も見えるらしい

お昼の後、1つくらいピークを踏まなくちゃねで酉谷山に登る。山頂付近はもう紅葉は終わり落葉していて少し寒い、山頂には登山者が1人いました私達はそのまま通り過ぎ長沢背稜の登山道に出てから今日下る尾根に向かう。しばらく長沢背稜を歩いて地形図で見当を付けた尾根の所から下る。

酉谷山
酉谷山

長沢背稜
長沢背稜を歩き、下降する尾根を目指す。

前回は塾長の後について下りたので記憶もあやふやでしたが広々とした尾根を見て思い出しました。


そうそう、ここです


尾根から酉谷避難小屋が見える。

前回下りたとき、ここは新緑と紅葉の時期はきれいだろうなと思っていましたが思っていたとおりでした。この尾根は広々として歩きやすいけど、下りる方向を間違うと滝谷に行ってしまうので要注意。


ふかふかの落ち葉の絨毯の中気持ち良く歩く


まっかなもみじもありましたよ

尾根を外さないように最後の急傾斜を下りると無事に三俣に着きました。


三俣に無事下山

足元ふかふかだし、やっぱり酉谷周辺の森はいいなぁ〜酉谷避難小屋も修理して使えそうなので春になったら長沢背稜の縦走をしてみたいと思う。晴天の中、秋の紅葉オフ会も無事に終わり、Hgさんはじめ参加した皆さまお世話になりました。来年こそ、二年続けて雨で流れた新緑オフ会が出来るのを楽しみにしています。来年もよろしくぅ(^o^)/
奥多摩 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする