山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 北ア・錦秋の北穂池探訪 その2 | main | 飯豊連峰・オンベ松尾根から大日岳(2128m) >>

北ア・錦秋の北穂池探訪 その1

登った日: 2009年10月9日(金)〜5日(月) 天気雨 晴れ
メンバー: 福田ガイド他4人
目的: 北アルプス・錦秋の北穂池探訪
ルート: 上高地〜横尾山荘(泊)〜氷河公園〜南岳〜南岳小屋(泊)〜北穂池往復〜南岳小屋(泊)〜槍沢ロッジ〜新穂高温泉
嬉しい 山岳ガイド: 福田浩道さん
おうち 横尾山荘 南岳小屋
温泉 : 新穂高温泉 アルペン浴場


※注意、この地図の北穂池までのルートは、正しいルートを示しているものでは有りません。

10/2 移動日 雨:新宿7:30〜(さわやか信州号)〜上高地バスターミナル11:45〜(3時間)〜横尾山荘14:45

福田さんのガイドツアーの中でも、横尾本谷と北穂池は人気のバリエーションルート。またこのコース公募はしていないので行きたくてもなかなか申し込みができない。奧又白池も空きがあったので参加させて貰えたのですが、今回も運良くキャンセルが出来たので入れて貰えた。北アルプスの沢を登るなんてめったに出来ないので楽しみにしていたら・・・またまた雨で中止になってしまってガッカリ。北穂池の方はなんとか天気が回復しそうなのでこちらだけ行くと連絡があった。北穂池ツアーは南岳小屋に3日16時集合、一緒に行くまさこさんと相談した結果、さわやか信州号も予約してしまったので予定通り横尾山荘に泊まり、翌日氷河公園経由で集合場所の南岳小屋に登ることにした。

新宿を出る頃から雨になり上高地に着いても雨は止むことなく降っている、バスで一緒になった単独の女性は横尾に泊まってから涸沢に行くとのことで横尾まで一緒に行くことになりバスターミナルで雨具を付けて傘をさして歩き出す。明神でひと休み徳沢園では話しに聞くと、とても美味しいらしいこの時期限定の氷壁ラーメンを食べるのを楽しみにしていたら売り切れてしまっていた。


上高地は雨だった〜

雨の中やっと横尾山荘に到着〜着いたとたんに風雨が強くなってきた、明日の行程を考えて出来れば槍沢ロッジまで行けたら行こうかと、まさこさんと話していましたが行かなくて良かった。


横尾山荘に着きました

横尾山荘は一昨年蝶ヶ岳に登るときに泊まりましたが、今回は新しく出来た部屋に通された、部屋は二段ベットが4つ8人寝られてカーテンを引けば個室になってとても快適、こんな天気なのに結構人が来ていたのには驚きました。また横尾山荘には春に福田さんのガイドで焼岳と乗鞍に一緒に登った藤原さんがお勤めしている。明日の天気は朝の内は雨だけど天気は回復傾向となっていたので天気になることを祈って寝ます。


横尾山荘の左、夕食 右、朝食


さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ

10/3 コースタイム 雨 のち 晴れ:横尾山荘6:25〜(1時間25)〜槍沢ロッジ7:50/8:05〜(2時間)〜槍沢・天狗原分岐10:05/10:15〜(50)〜天狗池11:05/12:15〜(35)〜横尾尾根のコル12:50/13:00〜(1時間05)〜天狗原分岐14:05/14:10〜(30)〜南岳小屋14:40

朝起きたら雨〜それも結構降っている。出発時間を30分送らせることにして小降りになるのをまって出発。この槍ヶ岳への登山道は5年前、私が初めて北アルプスに来て表銀座から槍ヶ岳に登り上高地におりたときに歩いた道、忘れていたところもあるけどなんだか懐かしい。槍沢ロッジまでは樹林帯の中なので傘をさして歩いていくが雨具を着ているのがだんだん嫌になってきた、今年は山行中かならず1回は雨具を着て歩いているような気がする。


またの再会を約束して横尾山荘を出発


槍沢、結構増水してます、紅葉も天気が良かったら綺麗なのにね


槍沢ロッジに到着

槍沢ロッジでひと休み、今回参加するちゃっぴーさんが槍沢ロッジに泊まっているとのことで面識のあるまさこさんがまだ居るか見に行くが居ないようで、もう先にいったのかもねと言うことになった。槍沢ロッジからいよいよ登り、今回は次の週に飯豊に行くので荷物もあまり軽量化してこなかったので重い。ババ平には二張りのテントが張ってあったババ平で少し休憩。


ババ平のテント場、シルバーウィークはこのテント場も混んでいたようです。


大曲、水俣乗越の分岐。乗越沢です

ダケカンバの森を抜け槍沢の河原に入る頃、雨がやっと止んできたので雨具を脱ぐとなんという開放感〜だんだんとガスも上がってきて後を振り返ると東鎌の稜線と西岳が見えてなんだか嬉しくなってしまう。


槍沢に入っていくとだんだんとガスが上がっていく〜

途中で6人パーティーが休んでいたので先に行かせて貰うが1人バテぎみの人が居るみたいだ、見ると雨は止んでいるのに雨具の上下を着込みフードまで被っているのを見てマサコさんと、暑さでバテているのではないの?と話しながら槍沢を登っていくと氷河公園の分岐に着いた。


分岐に着くと急速に天気が良くなってきた。


ひらめき 大きくなります。
左:氷河公園方面には無数の滝が出現していた。右:振り返ってみた西岳方面

だんだんとガスが取れてまわりの景色が見えてきた!!なんだかうきうき。分岐から槍沢をトラバース気味に歩いていき振り返ると・・・・槍ヶ岳!!やっぱり槍は格好いいわ。ナナカマドもちょうど良く色づいていて紅葉越しの槍ヶ岳を撮ってみたりチングルマを撮ってみたり、登山道脇にあったブルーベリーのようなクロマメを食べながら天狗池までルンルンで歩いていく。


クロマメの実とナナカマド地帯


ナナカマド地帯を過ぎて振り返ると・・・槍ヶ岳!!


登るにつれて見えた来た東鎌尾根と大天井

天狗池に着く頃には青空が広がり槍ヶ岳から東鎌尾根がよく見える〜天狗池には分岐であった単独の男性が居た、ここでお昼を兼ねて大休止ほんとうに別天地池の畔で日向ぼっこは最高。天狗池に写る逆さ槍を撮ろうとした池に水が流れ込んできてさざ波が立ってあまり綺麗に撮れませんでした。


天狗池〜私、ここ気に入りました。


ひらめき 大きくなります。左:氷河公園の紅葉、右:槍ヶ岳

さぁ〜出掛けようかと言うときに1人の女性が来た、まさこさんにもしかしたらちゃっぴーさんじゃなない?と言って声を掛けたらやっぱりそうでした。雨が凄かったので槍沢ロッジを出るのを遅らせたそうで、私達が通ったときにはまだロッジに居たらしい。今日は先を急ぐ事もないので、ちゃっぴーさんにつき合いまたまた休憩〜結局天狗池に1時間以上も居た事になるけどのんびりできて良かった。

天狗池に別れを告げてまずは横尾尾根のコルを目指して登っていく、カールの中の登山道は上に行くにつれ岩ゴロになっていきますが花の季節は綺麗だろうなぁとおもう。30分ほど登るとコルに到着〜目の前に前穂と屏風岩、下を見れば本谷が見える。本当だったらこの谷を遡行して今居る尾根に着くはずだったのになぁ〜でも谷を見ると上から見ても水量があるので今回中止は仕方なかったかなと思う。


横尾尾根のコルからみた横尾本谷右俣

コルも展望が良くまたまた大休止してからいよいよ稜線に向けて登りはじめるが、痩せ尾根の岩稜帯はなかなか大変やっとの事で稜線に着き、分岐から南岳を経由して南岳小屋に着きました。


岩ゴロの尾根を登る、結構大変だった。




南岳山頂から小屋が見えてきた。

南岳小屋は3032.7mの南岳直下のコルに有るので気温も低くもう初冬の雰囲気、まだ福田さんともう1人の参加者は着いていなかったけど部屋に通して貰いひと息付く。南岳は初めてきましたがここはなんといっても大キレット、シシバナから初めて間近に見た大キレットはやっぱり凄いわ!!北穂高岳の下には明日行く北穂池も見える。


ひらめき 大きくなります。
シシパナより左:明日行く北穂池が見える。右:大キレット

夕方4時には福田さんとHIGIKATAさんも無事に到着〜HIGIKATAさんは根子岳のスノーシューの時にもお会いしていた方でした。夕食の前には素晴らしい夕焼けを見ることが出来た、夕食時に明日の行程を説明して貰う。


東の空には満月


西の空は、まっかな夕焼け・・・・素晴らしい。


明日はいよいよ北穂池、天気も良さそうだし楽しみだなぁ。

その2に続く

北アルプス | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする