山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 白山縦走・・・三ノ峰避難小屋で撤退 | main | 爺ヶ岳(2670m)〜針木岳(2823m) >>

惣岳山(756m)〜岩茸石山(793m)〜棒ノ嶺(969m)

登った日:2009年8月9日(日) 天気 曇り
メンバー:mogu
目的:トレーニング
温泉 :さわらびの湯



コースタイム:御嶽8:15〜(1時間20)〜惣岳山9:35/9:45〜(30)〜岩茸石山10:15/10:20〜(1時間20)〜黒山11:40/11:50〜(20)〜権次入峠12:10〜(10)〜棒ノ嶺12:20/12:35〜(5)〜権次入峠12:40〜(15)〜岩茸石12:55〜(50)〜名栗湖登山口13:45〜(25)〜さわらびの湯14:10
※歩行時間5:15分 休40分

週末泊まりで沢に行く予定だったのに天気が悪くて中止になってしまった。岐阜から帰ってきてから山に御無沙汰なのでトレーニングがてら御岳駅から登り惣岳山・岩茸石山・棒ノ嶺に行き白谷沢を下りてみようと思い立った。このコース山の会で一度歩いていますがほとんど覚えていない、白谷沢も記憶が全然無いのでChiyomiちゃんのレポを見て歩いてみるのもいいかなと思った。

8月の奥多摩の山は暑いから余り登山者は居ないかなと思っていたら御嶽駅ではたくさんの登山者が下りたのでびっくり、みんな御岳神社行きのバス停に並んでいたけどなにかイベントが有るのかな〜あっ「レンゲショウマ祭り」が有るのか。

駅から惣岳山の登山口にいくがさすがに高水三山方面に行く人はいない、登りはじめると低温サウナ状態でとたんに汗が噴き出す。惣岳山までは東海自然歩道なので登山道も広いし歩きやすい、今回もトレーニングなので休まずに登る。途中トレランの男性に会っただけで惣岳山までは誰にも会わなかった。惣岳山に着いたら単独の男性が神社の左から現れたのでそっちにも登山道が有るのかと思ったら岩茸石山方面からの登山道は雷が落ちたのか大杉が裂けて登山道をふさいでいたので回り込んできたのね。


惣岳山山頂〜


雷が落ちるとこんな風に裂けるのかな?すごいね。

惣岳山で少し休んでから岩茸石山に向かう、登り初めは蒸し暑かったが標高が800m近くなると少し涼しい岩茸石山には3人のひとが休んでいた。


岩茸石山〜天気が良ければ展望が良いところなのにな

黒岳方面にはいったん下るが黒山までは結構アップダウンがある、途中で10人くらいのトレランの人達とすれ違うがこの暑い時期にも走っているのね。登山道は少しヤブになっているところが有りましたが判りやすい、途中に柵のしてある場所からは下に集落が見えたけど百軒茶屋方面かな?


柵がないと結構怖いところだ

黒山でお昼にしようと歩いていきやっと黒山に着いたら、なんと29人の登山者がお昼を食べていた!!なんでこの暑い時期に展望もない中途半端な黒山に団体で人がいるのよ〜〜私の座る場所がない。権次入峠まで行こうかなと思ったけどお腹空いているし、仕方ないので登山道の脇に座りおにぎりを食べる。


こんな狭い山頂にまさかこんなに人がいるなんて・・・・

そそくさとご飯を食べて棒ノ嶺に向けて出発、権次入峠には20分で着いたのでこちらに来れば良かったかも。権次入峠につくととたんにたくさんの登山者がいた、ここから棒ノ嶺山頂まで全部階段でうへぇ〜となる。



山頂に着くとマウンテンバイクの人達や登山者がたくさんいた、正直この暑い時期のこんな天気の中人がいるなんて思ってもいなかった。


たくさん人がいた。


棒ノ嶺に来たのは2回目

少し休んでから権次入峠まで戻り名栗湖方面に下る、岩茸石のぶんきから白谷沢方面に下る道も整備されているし自然林になっていて気持ち良く歩ける。この時間になっても登ってくる人がいる、棒ノ嶺は秩父側の方からが登りやすいのかもね。下りていくと途中から水が湧き出て白谷沢の源頭の脇を下りると林道にでます、前には無かった東屋が建っていてその側には水場があり冷たい水をのんで生き返る。


新築の東屋が有った。

林道を横切り白谷沢沿いの登山道をくだる、ここも東海自然歩道になっていますが御岳から惣岳山と違い沢の中を歩くので普通の登山道とはちょっと違うかも。


沢の徒渉がある

ゴルジュの中にクサリと階段があり沢に下りて沢の中を歩いくのにまず驚いた、沢の徒渉も何回か有るので増水したら歩けないよなと思ったけど、ハイカーが普通に登ってくるので問題ないのかもしれない。天気が悪いからゴルジュの中も暗いけど、日が差していたら夏場は沢沿いの気持ちの良い道なのかも知れないね。


立派なゴルジュだ


沢の中を少し歩く

ふと思ったのだけど白谷沢って遡行対象になっているのかなと思いググってみたら遡行している記録があった、機会があったら遡行してみたいな。登山道が沢から離れしばらく歩くと正面に名栗湖が見え登山道入り口に着いた、さわらびの湯まで車道を歩いていく。


正面に名栗湖


近くにキャンプ場があるのでさわらびの湯も混んでいた。
奥多摩 | permalink | comments(2) | -

この記事に対するコメント

いっきさん、おはようございます。
棒ノ嶺は階段が多いですね、あれでは上るのが嫌になり別の所を登っちゃうのでますます登山道が広がってしまう。

杉林の中に登山道有りましたよ〜私は下りで少し歩いてしまいました。

>唐松は 計画有るのでしょうか??

この前中止になってしまたので判らないです。また計画が出たら聞いてみますね。
mogu | 2009/08/15 8:29 AM
あの階段 綺麗に整備されたんだ
でも 階段ってきついんだよね。
階段がグチャグチャだった時には
皆杉の林の中を歩いていたから
結構立派な道が有るんだけど
どうなったかな??
奥多摩サウナお疲れ

唐松は 計画有るのでしょうか??
私はその隣 マミ谷に 行くよ
唐松行くのだったら 野陣の滝まで
連れて行って欲しいな ボソッ
いっき | 2009/08/14 7:31 PM
コメントする