山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鳥屋戸尾根から蕎麦粒山(1473m)・川苔山(1363m) | main | 檜洞丸(1601m) >>

山菜採り&残雪の乗鞍岳・剣ヶ峰(3026m)

登った日:2009年5月19(火)〜20日(水) 天気晴れ
メンバー:福田ガイド・KOYAMAさん、SEKINEさん、HUGIWARAさん、mogu
目的:山菜採り&残雪の乗鞍岳・剣ヶ峰登山
嬉しい 山岳ガイド 福田浩道さん
おうち ペンション・しるふれい
温泉乗鞍高原温泉 湯けむり館



コースタイム:位ヶ原山荘9:10〜(2時間35分)〜剣ヶ峰山頂11:45/12:20〜(1時間20分)〜位ヶ原山荘13:40着※歩行時間3時間55分(小休止含む)

福田さんのガイドプランに、ペンションしるふれいオーナーの案内で沢渡の周辺で山菜採りと乗鞍岳登山の企画があり早速申し込んだ。今回の参加メンバーは焼岳登山の時とまったく一緒とのことで、またみんなに会えるのを楽しみに松本に向かう。

松本で福田さんの車に拾って貰い上高地線を沢渡に向かう、4月に来たときとは違い山も新緑になっていて素晴らしい景色、途中コンビニで今日のお昼を買う。しるふれいには11時頃に着き荷物を置いてオーナーの車に乗りいざ出発〜オーナーとっておきの山菜スポットに案内して貰う。


沢渡にある素敵なペンション

みんな張り切って軍手をはめヤブの中に入りわらび、こごみを採る。初めはなかなか見つけられなかったけど目が慣れてきたら判るようになってきた。探しながら歩いていると福田さんがヤマシャクヤクのお花を見つけた、山の中で咲いているのを見るのは初めてで嬉しいご対面です。夢中で採っていると時間の経つのが早い、お腹空いたねぇ〜と言うことで小さな沢の側でお昼を食べる。沢沿いには「イラクサまたの名をアイコ」という山菜が生えていてそれを採っる。もう1つ採った山菜があったのだけど名前を忘れてしまった。


この他にワラビ大量ゲット


エンレイソウとヤマシャクヤクのお花

たくさんの山菜を収穫、場所を移して今度はコシアブラを探しに行きましたがまだ少し早かった。その代わりハリギリを収穫、1人2個割り当てのコシアブラも採れました。


こんな森の中で山菜採り〜左、福田さんがコシアブラを採ってます。

しるふれいではミドリニリンソウの写真を見せると、生ビール1杯サービスしてくれるとのことで(宿泊者限定)山菜採りの後はニリンソウが咲いている斜面を皆で探すがこれがまたなかなか見つからない。諦めた頃HUGIWARAさんが見つけた!!これを見つけたら幸せになれるとか・・・・生ビール一杯の幸せかな(笑)


みどりのニリンソウ、初めて見ました。

宿に戻り収穫してきた山菜を並べて見る、わらびが一番おおいかな、次にコゴミ、イラクサとハリギリ。採るのは好きだけど料理出来ないので、コゴミを少し持って帰り後は宿に引き取ってもらった。


大収穫

楽しかったなぁ、この後は天然温泉に入り「プハァ〜」の生ビール、夕食には採ってきた山菜を料理してもらい美味しくいただきました。


掛け流しの温泉


夕食!!採ってきた山菜はおひたしと天ぷらでいただきました。



さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ
20日
朝起きて外をみたら雲1つ無い快晴!!予報で昨日の方が良かったけど昨日より良い天気だ。しるふれいの朝食はホテル並みで目玉焼きはハート形に作ってあった。今日はオーナーご夫婦がお出掛けとのことで、前回のようにしるふれいにもどって温泉とは行かなかったのが残念だった。


この他ジュースとコーヒーが付く

乗鞍高原の三本滝バス停で乗るバスの時間があるので朝食後出発する。この時期位ヶ原山荘まで日に3本のバスが往復していて山スキーの人達で賑わうらしい。三本滝のレストハウスには平日だというのにたくさんの車が駐まっていてスキーヤーやらボードの人達がバスを待っていた。私達も支度をしてバス停に並んでいると程なくバスが到着、半分くらい席が埋まっていて乗れるか心配でしたが乗務員の人は手慣れたものでスキー板やボードは後方に積んでくれ全員が乗れた。


バス停に並ぶ

30分位で位ヶ原山荘に到着〜山荘の前には小屋番さんが待っていて登山届けを出すように言っている。正面には真っ青な空とまっ白な乗鞍岳が見える。帰りのバスの時間が2時50分、それまでには下りてこなければならず、時間の制約があるので気合いを入れて歩き出す。山荘から登山道に入りアイゼンを付けて歩き出す。回りはスキーヤーとボーダー、回りを散策する人達が居たけど山頂まで行く登山者は私達だけのようだ、やはり雪山なのでそれなりの装備が必要なのです。


位ヶ原山荘


登りはじめる

位ヶ原の大地に登るまでが急登、そこを過ぎるといっきに視界が開けて正面に剣ヶ峰が見えてきた。それにしてもお天気最高!!夏に来たことがないので判らないが、ところどころにガードレールが見えて車道が通っているのが判る、今はまっ白な雪面が広がっている。


急登を登ると穂高が見えてきた


ボーダーが剣ヶ峰に直登していく


閉まっているトイレ、多分この下に車道があるのかな

正面に肩の小屋が見えてきたところで肩の小屋方面には行かず直登して途中からトラバースをして稜線に出る。


目指す剣ヶ峰が見えてきた。

風が強くなってきたこの位の風は乗鞍では普通だすよ〜と福田さん、煽られないように踏ん張って登っていくと蚕玉岳(こだまだけ)に到着、ここまで来れば剣ヶ峰はもうすぐだ。


蚕玉岳(こだまだけ)

剣ヶ峰に登る所は岩が露出していてアイゼンを引っかけないように慎重に登り剣ヶ峰(3026m)登頂!!360度の大展望が待っていた。祠の前で記念写真を撮ってから風を避けてお昼を食べる。


山頂でパチリ


大展望〜ひらめき クリックで大きくなります。

12時20分に下山開始、下りる時ちょっとしたトラバースの所でストックの止めがはずれてしまい歩きながら直したら、福田さんから危ないので必ず止まってから直すように注意を受けた。こうしたちょっとした油断が滑落に繋がる、貴重なアドバイスありがとうございました。


下に肩の小屋の赤い屋根が見える。

下山は登ってきた所ではなく直接位ヶ原に下りるコースこれが急斜面、私とSEKINEさん以外はシリセードであっと言う間に下っていってしまった。雪の状態が良いので歩くのも楽ですが、最後の急斜面で腰が引けているよ〜と言われてしまった。


位ヶ原までいっきに下る、シリセードで下りていった人も

時間に余裕があるので位ヶ原の大地でスキーヤーが滑っているのを見たり、登った剣が峰をみたりとのんびりとしてから位ヶ原山荘に下りる。


下に山荘が見えた来た〜隣をシリセードで下る人がいる(笑)

まだバスの時間まで1時間くらい有るのでこれしかないでしょ〜と乾杯。日差しも暖かく山荘の前のベンチに座り上で滑っているスキーヤーを見たりしてのんびりと過ごした。


乗鞍にかんぱ〜い

三本滝バス停まで戻り乗鞍の「ゆけむり館」で温泉に入り今回の山菜採り&残雪の乗鞍岳・剣ヶ峰登山も無事に終わり今期の雪山も終了した。


湯けむり館は良いお湯でした。

北アルプス | permalink | comments(3) | -

この記事に対するコメント

※セブンさん、いいでしょ〜ふふ
全てはお天気が良かったお掛けです。
この時期はピッケル無しでも登れるので来年はセブンさんも行きましょうよ。

※まむさんはスキーで乗鞍に来ているのね。湯けむり館初めて入ったけど、白濁していて良いお湯でした。今度冬のしるふれいに行こうね。
mogu | 2009/05/30 1:40 PM
湯けむり館の常連さんになったね
私もいいなぁ〜の∞
まむ | 2009/05/29 10:09 PM
いいなあ!、いいなあ!、いいなあ!、いいなあ!(ずーっと繰り返す)
宿も、料理も、山菜も、天気も、初夏の雪山も、ぜーんぶ  いいなあ!
羨まし過ぎるぞ。
セブン | 2009/05/29 11:33 AM
コメントする