山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 秩父・四阿屋山(771.6m) | main | ミツバ岳(834.5)〜権現山(1018.8)〜屏風岩(1051.6) >>

戸倉三山縦走

登った日:2009年3月21日(木) 天気晴れ
メンバー:mogu
目的:今の時期にしか歩けない山?&トレーニングー
温泉 秋川渓谷・瀬音の湯



コースタイム:五日市駅7:45〜(バス)〜今熊バス停7:55〜(25)〜今熊神社8:20〜(25分)〜今熊山8:45〜(1時間)〜刈寄山9:45〜(10分)〜入山峠9:55〜(1時間55)〜市道山11:50/12:05〜(55分)〜臼杵山13:05/13:20〜(45分)〜荷田子峠14:05/14:10〜(登り返し30分)〜荷田子分岐14:40〜(25分)〜十里木分岐15:05〜(10分)〜十里木バス停15:15
※歩行時間6時間35分(小休止含む)休憩35分

今月はあまり歩いていなくて、なんだか体がなまっているような気がしたので一度歩いてみたいと思っていた戸倉三山に行ってみることにした。この縦走路展望はないけど結構アップダウンが続きトレーニングにいいよと友達もお薦めのコース。今日はお天気が良くてなんと初めて武蔵野線から富士山が見えたこんなこと初めてだわ。五日市線からも富士山の頭が見えたので、戸倉三山じゃなくツリ尾根から生藤山に登り富士山を見て上川乗りに下りようかと思い、五日市駅前にあるバス会社で上川乗り発のバスの時間を調べて貰った。でも、市道山から上川乗りの迄の時間を調べていないので市道山で行くかどうか決めようかな。

五日市駅前のバス停から八王子方面行きのバスに乗り今熊山登山口で下車、他には女性2人が下りた。少し車道を戻り今熊神社入り口と書かれている看板にそって歩いていくと20分ほどで立派な神社が見えそこが今熊神社でした。一緒にバス下りた女性達は八王子八峰登山大会の下見に来たと言って、私にも出るのか聞いてきたけど大会が有るのも知らなかった。健脚コースはこの今熊神社から高尾山まで行くそうですよ〜いろいろと大会があるのですね。


今熊神社入り口と立派な今熊神社

お参りをして今熊神社の右から登山道というか参道を登りトイレのある広場を過ぎて登っていくと分岐に着く、左は市道山方面、右は今熊山山頂と書いてあるのでせっかくだから今熊山山頂に登ると上にマウンテンバイクの男の子が居た。山頂の神社にお参りをして分岐まで戻り次の刈寄山を目指します。


トイレのある広場から見た景色


分岐

地図を見ると刈寄山は登山道からはずれているようなので分岐に来たらザックを置いて登りに行こうと思い、しばらく歩き最初に出て来た分岐にザックを置いて尾根道を上っていったらなかなか刈寄山に着かない・・・・ピークを2つ過ぎた当たりでザックをずいぶん手前に置いてしまった事が判り巻き路を走ってザックを取りに戻った。はぁ〜まったく何やっているんだか(苦笑)しかし、ここの道標の書き方は紛らわしい、巻き路なら巻き路ってはっきり書いて欲しいわ。やっと刈寄山の分岐に着いたが今度はザックを背負って登る、ここまで余り人に会わなかったが右からの登山道から何人かの人が登ってきて山頂にはトレイルランナーが何人か居た。この刈寄山の山頂から富士山の頭が見え反対の東京方面もよく見えました。


刈寄山の山頂から見えた富士山!!


刈寄山山頂

刈寄山から下るとき下の林道に続く踏み跡が有ったのでそこを下り林道を歩き入山峠にでた。地図だと登山道が有るはずなのですが道標には書いていなく、後からトレイルランナーの人達が走ってきたので私も一緒になって林道を醍醐方面に歩いていったが何となく変だなぁ〜と思いながら林道を下る。地図を見ると絶対他に登山道が有るはずと思うがランナーの人達が走っていったし林道を歩いていけば登山道に上る道が有るのかなと思い歩いていったが何となく不安。


ランナーにつられて醍醐方面に林道を下ってしまった。


10人くらいのランナーが駆け抜けていった。

しばらく歩くと後からまたトレイルランナーの一団が走ってきたので道は間違っていないと思い林道をまたてくてく歩いていくと入山トンネルが出て来て、トンネルを抜けると左に登山道らしき踏み跡が有りそこを登って尾根に出ると道標が立っていたのでホッとした。私はいったい何処にいるのと地図をしげしげと見た。


トンネルから上がるとこの道標の所に出た。

市道山方面に歩いていくと刈寄山・今熊山方面の道標が出て来て本来ならこっちの方から来なくてはいけなかったのかと納得、しかし何処で間違ったのかな・・・なんとか正規の登山道に出て市道山を目指しますがこの尾根道はアップダウンが多く大変、市道山まで休まずに行こうかと思ったけど、さすがに途中でお腹が空いたのでおにぎりを食べていると反対から登山者の人が来たので市道山までどの位か聞いたら30分位ですよと言ってくれたので頑張って市道山まで行く。市道山には6人くらいのグループの人達が休んでいたので私もここで大休止〜足が疲れた。刈寄山で富士山を見たので予定どおり十里木に行くことにする。


私は奧から歩いてきた、登山道は左から合流してきた。


ツリ尾根方面への分岐


山耐レースの市道山分岐標識もあった。

市道山からいったん大きく下りその後は樹林帯の中小さなピークの連続が続き臼杵山に到着。ここにも何人かの人達が休んでいたので私はもう少し先にある元郷との分岐まで行き休憩。臼杵神社にお参りをして荷田子方面に下りていく、ここからも結構アップダウン続き足が疲れてきて予定では十里木まで行く予定だったけど気持ちは荷田子峠から下りようかな〜なんて考えながら歩く。


臼杵山山頂と荷田子峠方面への分岐

荷田子峠に着きひと休みしていたら、城山方面から20人くらいの団体が歩いてきたのでびっくり、話しを聞くと城山からここまで3時間掛かったそうで1人の人に十里木からここまでどの位掛かりましたかと聞いたら、十里木が良くわからなかったようではっきりとは聞けなかった。団体さんが荷田子峠から下りていったのでその後に行ってもなぁと思い、やっぱり十里木方面に行くことにする。ここでもう少しゆっくりと地図を見ていればねぇ・・・


荷田子峠からは25分くらいで下りられる。

荷田子峠からピークを巻く道を歩いて踏み跡をたどっていくとどんどん下っていく、沢形を渡ってトラバースぎみに歩いていくが登山道がだんだんと荒れて来て?となる、ここで気がつけば良かったけどさらに下りていくと人家が見えてきた。ここでやっぱりおかしいと思いよくよく地形図を見たら、十里木に行くのには尾根通しで行かなくてはダメでこんなに下ることはない。なんと私は盆掘に下りる登山道を下ってきてしまったこと気がついた・・・気がつくのが遅いよ!!せめて沢形を渡ったときに気がつかなくちゃねぇ。

盆掘に下りてもしょうがないので荷田子峠まで登り返して荷田子峠に行く手前に十里木方面に行く踏み跡がはっきりと有った。はぁ〜なんでこの踏み跡に気がつかなかったのかな30分もロス、疲れたので荷田子峠から下りようと思っていたけど時間もまだ有るし、もうこのコースは歩くことはないと思ったので頑張って十里木まで行くことにした。


正規の登山道に戻る、盆掘山の標識。

時間掛かるかなと思っていたけどそんなに時間も掛からず十里木に下りる鉄塔の所の分岐に着き、そこから竹林の中を下り十里木のバス停の先にでる事ができた。


十里木への分岐


竹林の中を下る、至る所にこの紙が貼ってあった

今回は刈寄山でウロウロ、その後も林道を歩いてしまったしトドメに最後は道を間違って下ってしまったし、Chiyomiちゃんじゃないけど低山恐るべし。まだ里に近いところだから良かったけど、疲れているときにこそ慎重に歩かないとねぇ〜と大反省の戸倉三山でした。


瀬音の湯の庭に咲いていたカタクリ〜今年はじめて見ました。
奥多摩 | permalink | comments(6) | -

この記事に対するコメント

サンバさん、こんにちは〜♪
コメントありがとうございます。返事が遅くなって申しわけ有りませんでした。

しかしこの時期に戸倉三山を縦走なさるとは凄い。暑かったでしょう〜
私も道を間違ったのでもう一度行こうかなと思っていますがいつになるやらです。
また、感想聞かせてください、これからもよろしくお願いいたします。

mogu | 2010/07/21 7:19 AM
7月15日夏場ですが、念願の戸倉三山行きました。五日市側金剛の滝から入り、荷田子へ。入山峠での間違いはランナーに惑わされたのでしょう。階段が道を挟んでありますよ。私も時にトレランナーですが、同じコースを秋に3時間走破を目標に再挑戦したいですね。梅雨空でしたので、次回は展望がないながらも、臼杵山をしっかり捉えながら道を踏みたいです。ちょっとバテました。
マニアックな山と友は感想を述べてました。
サンバ | 2010/07/17 2:25 PM
セブンさん、市道山までは巻き路なのか判らなく尾根道を上っていったら、巻き路だったりと余計なところ登っていました(苦笑)

ほんとここ今の時期が一番歩きやすそうですね。今度は吊り尾根から高尾山目指してみようかな〜
mogu | 2009/04/05 1:02 PM
歩きがいがありますよねえ〜。
市道までは何度も歩きましたが、行く度に長くなりアップダウンがきつくなる・・不思議だ・・。

コースが変わっていなければ、72kmは今熊からはずーっと山の中です。
刈寄は寄りませんが、入山峠で林道を横切り(本来の登山道が林道で断ち切られた)、道標(耐久レースのだったかなあ?)から側壁の上に階段で上がります。
刈寄から林道を行っても同じ地点を通ります。 私もその林道を歩いた事あります。
今林道を走っているのは、今年から出来た春のショートの大会の試走でしょう。 コースが大分違うらしいですよ。
戸倉三山は夏は歩けませんね。
セブン | 2009/03/28 7:25 PM
セブンさんの言うとおり、良いトレーニングになりました(苦笑)

みんな林道を走っていましたが、ハセツネカップでは走らないのですか?後で地図を検証してみたら、刈寄山から林道に下りたのが間違いのもとでした。普通に分岐まで戻れば登山道に出られたと思います。
mogu | 2009/03/28 4:32 PM
沢山ありきましたねえ。(余分にね)
入山峠は標識の直ぐ上(左手)の細い階段を上がるのですが、もしかしたら変わったかな。
林道を走っているのは、今年から始まった耐久レースショート版(カセイジンさんが詳しい)の試走ではないでしょうか。
でも、新しいコースを見つけたみたいで、それはそれで良かったような。

また八王子八峰は競争でなく、歩く人、走る人、それぞれで楽しいですよ。
里山は本当に侮れないですね。
セブン | 2009/03/27 7:48 PM
コメントする