山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 伊豆ヶ岳〔851m〕 | main | 秩父・四阿屋山(771.6m) >>

根子岳〔2128m〕

登った日:2009年3月1日(日) 天気曇り
メンバー: mogu、ツアーメンバー6人、ガイドさん2人
目的: 雪の根子岳登頂とスノーシューハイキング
山岳ガイド福田浩道さん
おうち 菅平高原 和風ペンション てんとう虫の宿



コースタイム:てんとうむしの宿8:40〜(車)〜菅平スキー場〜(リフト)〜山頂駅9:00〜(2時間55分)〜根子岳11:55/12:45〜(1時間10分)〜山頂駅13:55〜(15分)〜菅平スキー場着14:10

今回は友人に教えて貰った山岳ガイドの福田さんのガイドツアー「根子岳登頂スノーシューハイク」に申し込み根子岳に登ってきました。根子岳は菅平高原から登るのですがスキーをしない私はこのエリアに来るのは初めてどんなところなのか楽しみ〜。

上田駅で福田さんと待ち合わせ、初めてお会いするので駅に着いて携帯かけたらすぐ側にいた(笑)ツアー参加者は私を含めて7名、その内福田さんのツアーに初めて参加するのが私と高知から来たという男性、なんでも雪を見たくて申し込んだとおっしゃっていました。横浜から来たご夫婦は何度か福田さんのツアーに参加しているとのことでした。あとアシスタントとして穂高山荘に勤めている小原さん、後の3名は宿の方に直接行くらしい。途中福田さんお薦めの美味しいお蕎麦さんに寄ってから今日泊まる「てんとうむしの宿」に向かう。

菅平高原はスキーでも有名ですが、夏はラグビーの合宿が有名らしいそれとマラソンの野口みずき選手が高地トレーニングをしたことでも有名になったのですよ〜と福田さん、また菅平は本土で一番の低温を記録した場所だとも教えて貰った。そんなお話しを聞きながら本日のお宿「てんとうむしの宿」に到着。いったん部屋に入り支度をしてスノーシューの足馴らしに菅平牧場に行きます。


本日のお宿

ペンションの裏を少し登って牧場に出ると四阿山と明日登る根子岳が目の前に見える。福田さんの案内で牧場をスノーシューで歩きますが、お天気も良く広々として気持ちが良い〜でも、お話しを聞くと今年は雪が少なく雪質もいつもとは違うらしい。


菅平牧場を歩く


明日登る左根子岳、右が四阿山こういうお天気だといいなぁ

暖かいからかもうザラメ状態の雪になっている感じ、それでも気持ち良く牧場を回り小高い丘の上に登ると目の前に北アルプスの山々が見えて、明日もこんなお天気だといいなぁ〜なんて思いながら牧場を一周して宿に帰りました。


小動物の足跡、こういうのを見つけながら歩くのも楽しい。


目の前に北アルプスが・・・

宿に帰ると後の参加者の方達も到着、若い女性2人はスキーをしていたみたいで明日は私達と一緒にスキーで登るそうでもうお一人は年配の男性でした、これで参加者全員揃い美味しい夕食をいただき明日の予定を確認して寝ます。


左、夕食で右が朝食、小鉢なども手作りでとても美味しかったです。


さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ

翌朝、予報ではいい天気のはずが空を見ると曇り〜宿の車で菅平スキー場に送ってもらい、リフトで山頂駅まで行きそこから歩き始める。


リフト乗り場


山頂駅に着いて根子岳を見上げると・・・雲の中。

私達以外にも他にも何組かのスノーシューツアーもいて、地元の小学生達も大人達と一緒にスキーの板を担いで登っている。根子岳はヘリスキーでも有名とのことですがいまは中止になっているそうです。スキー場から上もなだらかで雪もしまっているのでスノーシューじゃなくても登れそうです。今回の歩くコース、本来ならこのコースから登り谷を下るらしいのですが、雪が少なく笹藪につっこむと身動きできなくなるとのことで元来た道を戻りますと言われた。ここ3年くらい谷のコースを歩いてないとのこと、それだけ気候が変わってきているのでしょうね。上を見ると根子岳山頂は雲の中、後を振り返って見ても北アルプスは見えません。


広い登山道、山スキーの標識が有る。


後を振り返って見た景色

傾斜も少し急になってきましたが山スキーの滑降コースなので広々としています。でも広いとガスが出ると迷いそうな感じ、雪が少なく登っていく途中でもところどころ草が出ていたりします。それでも2000mを越えるとさすがに雪が多くなり雪質もサラサラになってきた。山頂直下は少し傾斜が有りましたがなんとか登り無事に全員で登頂できました。


ガスの中に入り周りは何も見えません


この樹林帯の中を登ると


山頂に到着しました。

天気が良ければ北アルプスも見えるはずでしたがあいにくガスガスで何も見えません。みんなで記念写真を撮った後、風のない所に移動してお昼。福田さんと小原さんで雪のテーブルを作ってくれましたさすが手早い。スープを入れてくれ朝福田さん達が作ってくれたお昼を皆で食べる、食べ終わったらそれぞれにコーヒーを入れてくれました。こんなに至れり尽くせりのツアーは初めてで感激〜福田さんのツアー、リピーターが多く人気があるのが判ります。


手作りのお昼、暖かいスープが有りがたい。

さて下山、山スキー組にはアシスタントの小原さんが付いて、福田さんからコースのことを丁寧に説明してもらって颯爽と滑っていきました。


このあたりの雪はふかふかで気持ち良かった。


樹林帯を抜けてスキー組あっという間に見えなくなってしまった

私達スノーシュー組はのんびりと下山やっぱり下りは早い。あっという間にリフト駅に着いて帰りはスキー場の脇を降りていきます。


のんびりと下っていく


リフト駅に到着

車で迎えに来て貰い宿に帰りお風呂に入って楽しかったスノーシューツアーも終わり。根子岳はスキー場から登るのだったらとても簡単な気がしましたが、やはり雪山はどんなに簡単な所でもいったん吹雪いたりガスでホワイトアウトになったりしたら怖い、そう言うときにやっぱりガイドさんが居ると心強いなと思った。
長野 | permalink | comments(7) | -

この記事に対するコメント

小林さんは山スキーですものねぇ
パートナーを探すのは結構大変ですよね、こういうガイドツアーも一度参加してみてもいいかもですね(^^)
mogu | 2009/03/22 8:10 PM
奥日光もスノーシューが多かったですが、最近、どこも増えているようですね。20年前の根子岳には山スキーの人しかいませんでした。
菅平は15-6歳の頃から何度もスキーに行った
思い出の所、根子岳や四阿山は若い頃、山スキーを楽しんだ山です。今年はどこも雪が少ないのですね。来年、昔のようにたっぷり雪が降ったらまた根子岳山頂から滑り降りたいですね。ただ、パートナーがいないのが寂しいのですが。
小林英一 | 2009/03/14 11:40 PM
ハイジさん、登る日のお天気が残念でしたが前の日に景色見えたからまだ良かったです。私もお昼は宿のお弁当かなと思っていたら、ガイドさん達が作ってくれたと聞いて驚いたのよ(^^)
mogu | 2009/03/11 10:24 AM
メインの日にガスで展望なかったのは残念ではあるけれど、前の日に慣らしでも快晴の中歩けて、明日行く山もちゃんと見えて良かったね〜〜。

お昼をガイドさんが作ってってくれるの!!
スープやコーヒーの用意はまだわかるけど(そんな大変じゃないだろうから・・)お昼までとは驚きました。
ミセスハイジ | 2009/03/10 10:08 PM
※カラッチさん、四阿山違いよ、登ったのは秩父の四阿屋山(笑)今回は根子岳だけで、四阿山冬はなかなか大変とのことで登っていないのよ。

※セブンさん、そうです。ふふ
こねこ岳というのも有りましたよ(^^)

残雪の雪質ねぇ〜ほんと行ってみなければ判らない状態かもですね。私としてはグズグスより、しっかりとアイゼンが効いた方が好きなのだけとね。
mogu | 2009/03/09 10:50 AM
なるほど、例のお友達の紹介だったんですね!(謎の笑)
うーん、私も行きたかった、猫だらけ。(ちゃう?)

上の写真でもガスってますし、広々した山はどこを歩いたら良いのか判らないので、冬山はやっぱり一人では行けないですねえ。

それにしても雪が少ない!
今年は残雪の山も雪質、どうなるんでしょうねえ。
セブン | 2009/03/08 7:40 PM
根子岳スノーシューツアーは、福田さんのツアーだったのですね。

あの辺りはガスると広いので何にも見えなくなり怖いですね!
カラッチ隊が昨年の夏に登った時にも、ガスと強風で何にも見えなったのよ!

四阿山にも今回(今日?昨日?)登ったのですね。
四阿山は、とってもお花が沢山咲いてました〜
カラッチ | 2009/03/08 4:35 PM
コメントする