山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雲取山〔2017.1m〕 | main | 御前山〔1405m〕 >>

北八つでスノーシュー

登った日:2009年1月24日〜25日 天気晴れ
メンバー:多摩moguさん、mogu
目的:北八つでスノーシュー
コース:茅野駅〜渋ノ湯〜高見石〜白駒池〜青苔荘(泊)〜麦草峠〜茶臼山〜縞枯山〜ピラタスロープーウェイ駅
おうち 青苔荘
温泉 蓼科温泉



植物 1/24 コースタイム 晴れ
茅野駅10:20〜(パス)〜渋ノ湯11:15/11:35〜(1時間50)〜高見石小屋13:25/14:00〜(30)〜白駒池青苔荘14:30着 ※歩行時間2時間20分

去年から多摩moguさんと冬に何処か行きたいねと話して日程だけは決めておいた。場所もやはり近場でということで八ヶ岳の天狗に登ろうと言うことになりました。多摩moguさんはテントを持っていますが1人用で2人は無理。小屋泊まりだと今の時期の黒百合ヒュテは土日ともなると大混雑は目に見えている。私も山の会で天狗に登ったときに経験していますし、多摩moguも混んだ小屋は嫌だというので日・月にしようと話しは決まったのでしたが・・・・多摩moguさんはわざわざお休みを取ってくれたので申し訳ないなとの思いと、私の方も先週登った雲取山で少し膝が痛くなって重たい荷物を担ぎたくない。天狗岳は一度登ったことあるし黒百合ヒュッテにも泊まった事があるので、まだ泊まったことのない小屋にしましようよと提案して、白駒池のほとりにある青苔荘に泊まり茶臼から縞枯山に行くコースに変更したてもらった。

当日、私は千葉からのあずさで茅野駅に到着、多摩moguさんは各駅で私の少し後に着くので渋ノ湯行きのバスは混むから先に並んでいてねと言われていたので並んで待っていた。初めはそんなに人が居なかったのに、10分前位になるといつのまにか人が並んでいた。それでも臨時が出るほどではなく全員がなんとか座れました。バス会社の人がおおきなザックは通路に置いてくださいと言ってくれていた。私が席について外を見たらなんと渓友塾でお世話になった逍遙のMさんがいた、何処に行くのか聞いたら天狗から硫黄に縦走するとのことMさんだったら楽勝でしょう。

バスは一時間ほどで渋ノ湯に到着〜ここに来るのは4年振り。バス停には高見石小屋のスノーシューツアーのガイドさんが待って10人ほどの人が参加するみたい、今の時期小屋ではいろいろなイベントをやっているのね。今回私達もスノーシューを持ってきましたがピッケルは持ってこなかった。支度をしてアイゼンを履くか多摩moguさんに聞いたら、トレースがあるから無くても大丈夫でしょうと言うのでアイゼンは無し。支度をしているMさんにお先にと挨拶をしてから、橋の所にあるポストに登山計画書を入れて出発しました。


渋ノ湯を出発

このコース2005年に山の会で登っていますがその時は初めからアイゼンを履いていたし賽の河原では地吹雪状態で大変な思いをして登った記憶がある。橋を渡ると黒百合ヒュッテ方面の分岐が有り私達は左の高見石方面の登山道に入り、しばらくは平坦に沢沿いの道を歩いていく。トレースがバッチリとありアイゼン無しでも問題なく歩きやすい、上に行くと樹氷が綺麗に着いている。沢沿いの道から登りになりいよいよ賽の河原、ここは夏に通ったこと無いけど多分岩ゴロの歩きにくい道だと思うが雪があると結構歩きやすい。


賽の河原

見晴らしがいいので後を振り返ると高見石のツアーの人達が登ってきた、前には団体が登っていて追いついたらなんと以前入っていた山の会の人達でまたまたびっくり。13名で高見石に行くとのこと、先に行ってと言われてもトレースを外すと足が潜ってしまうので、なかなか追い越せなかったがなんとか先に行かせて貰うことが出来た。賽の河原は吹きさらしなので先に行かせて貰い助かりました。


お地蔵さま、半分埋まっている。前方に団体の人達かいます。

登山道にロープが張ってありここから左の樹林帯にむけて登る、登り切り樹林帯の中を歩いていくと丸山方面の道と合流、右に歩いていくと高見石小屋に到着しました。考えてみたらここまで休憩無しでいっきに登ってきたことになる。なんだか後から団体に追い立てられるような気がして、休憩取れるような雰囲気じゃ無かったねと多摩moguさんと話していたのでした。


森の中〜


高見石小屋に到着、ここでデジカメが寒さのために撮れなくなってしまった

高見石小屋のテラスでひと休みしてから後にある高見石に登ってみる。ここは秋の縦走の時にも登りましたが、人が多いのと大岩が重なってけっこう登るの大変でしたが今回は誰も居ないし雪があるので秋よりも登るのが楽だった。下にこれから行く白駒池と赤い屋根の青苔荘が見えます。


高見石に登り白駒池を見る(写真提供多摩moguさん)

高見石から戻ってくると後続の人達が到着していました、白駒池方面から人が登ってきたのでトレースが着いているか聞いたらバッチリと付いていますよとのこと、私はここでスノーシューを履きましたが多摩moguさんはやっぱり何もつけずに白駒池を目指して出発。高見石からは下りになりあっという間に白駒池の白駒荘の所に到着です。

ここから池を渡って青苔荘に向かいますがつぼ足の多摩moguさん潜って歩けなくなり急いでスノーシューを履きました。私は快適に池を渡りますが多摩moguさんまだスノーシューに慣れていなくて歩きにくそう・・・スノーシューはヒールフリーだからかかとを持ち上げて歩けばいいのに多摩moguさんはワカンを履いている感じでスノーシュー自体を持ち上げて歩こうとしているそれでは歩きづらいわ。ワカン世代だから仕方ないかも〜もう少し歩けば慣れると思います。池の上を歩き青苔荘に到着〜まだ時間が早いけど寒いので外に出る気がしない。


白駒池の上を歩いて青苔荘に到着〜ケイタイの写真なので不鮮明

ここは国道から電気を引いてきているので電気炬燵が有りそこに入ってしまうともう出られない。今夜の宿泊は私達ともう一組とのことでしたが、電話が入りその一組は渋ノ湯で体調が悪くなりキャンセルすると連絡があったみたいです。青苔荘のご主人は下界で用事があり下山していき、小屋は私達2人と奥さんの3人。なんと奥さんは私と同い年と判り意気投合(笑)炬燵に入り八つの山小屋事情の事などいろいろなお話しを聞きながら夜は更けていきました。


夕食

さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ

植物 1/25 コースタイム 晴れ
青苔荘7:40出〜(35)〜麦草峠8:15〜(15)〜大石峠8:30/8:40〜(50)〜茶臼山9:30/9:45〜(40)〜縞枯山10:25〜(15)〜雨池峠10:40〜(20)〜ピラタスロープーウェイ駅11:00 ※歩行時間2時間55分 休憩25

夜中部屋の中は寒かったけど炬燵に足を突っ込んで寝たので思ったほど寒くなく目が覚めた。下に行くと奥さんがラジオ体操をしていたので私も一緒になって体操をした。久しぶりにたまごかけご飯の朝食をいただき出発の準備をする。今日はお天気がよいので茶臼岳経由で縞枯山に登りピラタスに向かうことになった。茶臼の登りは縦走の時に登り大変な思いをしたところなので雪あったらどうだろうなと興味がありますが登りは急登には変わりないので覚悟していきます。

朝食と朝の青苔荘

朝の白駒池

少しゆっくりめで7時40分に小屋を出発、樹林帯の中を歩いて国道に出て国道を歩いて麦草峠に到着。ここから大石峠までは緩やかな登山道を上っていき大石峠に到着。茶臼山方面にもトレースが有りここでアイゼンを付けることにする。


風もなくてお天気が良い〜

私達が支度をしていると茶臼山から1人下りてきました、私達の後からはスノーシューの人達が来てオトギリ平方面に歩いて行きます。トレースがあるので中木場までもあっという間に登り、いったん鞍部に下りてから本格的な茶臼山の登りになります。秋に縦走したときには岩ゴロの登山道で登りにくく嫌になるくらい急登が続いていましたが雪がついていると本当に登りやすいやっぱり北八つは雪があった方が断然歩きやすいですね。

中木場のピーク

これから登る茶臼山、登山道が一直線に伸びている。

それでも茶臼山までは急登、でも樹林帯の中だしトレースも付いていたので問題なく50分程で茶臼山に到着〜夏時間よりも早く登れた。山頂には何人かの人達が居ました、ここから展望台まで行きましたが風が強くて寒い〜天狗岳を見たら雪煙が上がっていて天狗の山頂も強風が吹いているようです。

山頂〜標識は半分埋まっている。

茶臼山の展望台に行ってみる、風が強く見事なエビのしっぽ

南八つが綺麗に見えました〜

茶臼山で小休止してから縞枯山に向かっていったん鞍部に下りてから少し登ります。この時間になるとたくさんの登山者の人達とすれ違う、北八つは樹林帯の中なので風の影響もなく雪遊びには本当に快適、縞枯山の展望台に寄り展望を楽しみここから稜線歩きは風が強かった。縞枯山山頂から雨池峠まで下りますがなんと15分で下ってしまった・・・・雪がある方が早いわ。

縞枯山の展望台から見えた浅間山

歩いてきた茶臼山と南八つ

時計を見たら10時40分、ピラタスロープーウェイ駅からのバスの時間が11時25分なので11時までにロープーウェイに乗って下りれば乗れる。その後は13時台になるので急いで駅に向かいなんとか11時10分発のロープーウェイに乗れバスに間に合った。ここから茅野まで行きますが私はプール平で下りて蓼科温泉に入って帰り、多摩moguさんは温泉には入らずそのまま駅に向かいました。



今回もお天気に恵まれて北八ヶ岳の稜線を歩くことが出来ました。やっぱり北八つは冬の方が良いわ〜多摩moguさんお付き合いしてくれてありがとうございました。また雪山一緒に登ってくださいませ〜よろしくぅ(^o^)/
八ヶ岳 | permalink | comments(8) | -

この記事に対するコメント

小林さん、飛竜山の方は静かで良かったかな?
私も思い出していましたよ〜あの時は地吹雪で登るの大変でしたよね。
mogu | 2009/02/08 7:41 PM
4年前の北八つを思い出しました。また行きたいと思っているます。白い森の美しさは
忘れられません。ハワイ以来なかなか機会がなく、17日に奥日光を一人でスノーシューハイクしてきました。最近はどこへ行っても、冬でも車が入ってきて落胆します。上高地もそうでしたね。
楽で、人のいない、素敵な冬山をさがしています。明日から牧さん、村田さんと飛龍に行きます。
小林英一 | 2009/02/06 9:36 PM
あずささん、スノーシューで遊ぶのには北八つが最適〜他にも楽しそうな所あるけど、北八つやっぱりアプローチがいいですものね。

山の会の人に、町では出会わないのに山で会うなんてねぇと言われてしまいました(^^;
mogu | 2009/02/06 7:08 AM
北八ヶ岳、スノーシューで歩きたいと思っていますが、中々実行できません・・・
moguさんのレポはすごく分かりやすしので、参考になります^^
知っている方々の会うなんて、人気の冬山なんですね!
アイゼンは無くても大丈夫だったのですね。
でも、一応は持っていった方が良いのでしょうか?
デジカメはビニール袋に入れて、持ち歩くと良いかも〜(フリースでできた袋があると良いですね)
あずさ | 2009/02/05 9:41 AM
※teelさん、冬山は一に天気二に天気だと思います。茶臼山はトレースがあれば大丈夫だと思いますが、トレースがなくラッセルになると大変かも〜

※ちしろさん、4月までダメなの?でもちゃんと直さないとね。春からのリハビリ山行お付き合いしますから連絡してね。スノーシューは楽しいので来年一緒に行きましょう。

※ラッシーさん、冬の北八つは夏とはまた違うでしょ〜千葉からは朝一本あずさが出ていて南小谷まで行くので白馬方面に行くときには便利です。
mogu | 2009/02/05 8:19 AM
山日記見ました。
あずさ号も千葉から直通で便利ですね。
夏に青いケシをみにいったときとは、ちがった世界なんですね。
樹氷と青い空がすてき
雪がふると、早く歩けるの、ふしぎですね。
らっしー | 2009/02/04 10:42 PM
こんにちは
moguさん、マイペースであちこちいらっしゃってますね〜。うらやましー!
「森と湖の北八ツ」も、冬はこうなるんですね。
私は、山は4月までドクターストップでへこんでいますが、
来年はスノーシューにチャレンジしてみたいです。
ちしろ | 2009/02/04 10:26 PM
拝見しました〜
お天気で良かったですねぇ〜、写真もとってもきれいですねぇ♪
でも、写真じゃ分からないけど、カメラが写らなくなるくらいの寒さって、やっぱり八ヶ岳は寒いんですね
茶臼山はキツそうだけど天気に恵まれればボクでも歩けるかなぁ・・・・霧氷もきれいでいいなあ・・・・
teel | 2009/02/04 9:18 PM
コメントする