山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 燕岳〔2763m〕 | main | 北八つでスノーシュー >>

雲取山〔2017.1m〕

登った日:2009年1月17日〜18日 天気晴れ 曇り
メンバー:佐藤くん・恭子ちゃん、mogu
目的:雲取山避難小屋に泊まる
コース:鴨沢〜ブナ坂〜奥多摩小屋〜雲取山避難小屋〜七ツ石山〜鷹ノ巣山避難小屋〜奥多摩駅
おうち 雲取山避難小屋
温泉 無し



植物 1/17 コースタイム 晴れ
鴨沢9:30〜(35)〜小袖10:05/1015〜(2時間)〜堂所12:15/12:30〜(50)〜七ツ石分岐12:20/13:30〜(40)〜ブナ坂14:10〜(35)〜奥多摩小屋14:45/15:15〜(50)〜雲取避難小屋16:05
※歩行時間5時間30分 休憩1時間05分

佐藤くんと恭子ちゃんが避難小屋に泊まってみたいというので、避難小屋といったら展望抜群の雲取山でしょうと言うことで今年も雲取山に行くことになりました。去年もこの時期に登っていますが今年の雪の状態はどうだろう〜2001年1/19の大雪を経験しているので雲取山といえども侮れない。でも、ここ何年かは暖冬の影響か余り雪も無いような感じです。

当初は4人で行く予定で計画していたのですが、前日の昼に1人から仕事が入って行けなくなったと連絡が入った。夜は鍋のつもりで計画していてその人はコッヘル担当!!後の3人は大きなコッヘルを持っていないのでこのままだと鍋が出来ない。時間的に友達に借りたり買いにいったりすることも出来ないし食材も買ってしまっている。さてどうしようか・・・・まさか筑波山の時みたいに土鍋持っていくわけにもいかないしねぇ。考えた末なべっこ遠足の時にChiyomiちゃんがアルミの両手鍋を持ってきていたのであれだったらなんとか持って行けそうと思いスーパーに買いにいった。ちょうど良い大きさがありそれを買ってきましたが結構鍋が重たいでも仕方ないよね。その鍋を入れたザックを計ったら・・・・なんと17.5キロになってしまった。

久しぶりに重たいザックを背負って奥多摩駅から8:35分発の鴨沢行きに乗る。バスの中は満員と言うほどではないけど座れなかった。鴨沢でほとんどの人が下りましたと言うことはみんな雲取山に登るのよね、その中でも荷物が大きい人達はまさか避難小屋?天気も良いし土日だから避難小屋も混むだろうなとは思っていたけど泊まれるか心配になってきた。

なんだかんだ支度をしていたらバスに乗っていた人達が次々に出発していき、結局私達が最後になってしまった。登りはじめてザックの重さがズッシリと肩に掛かる、天気は風もなく暑いくらいですが小袖までの道は所々凍っていて歩きづらい。去年も同じくらい背負って登っているけど今日は何故だかなかなか気持ちが乗らない。やっとの事で小袖に着いたときはもう息が上がっていた。佐藤くんが見かねてお鍋を持ってくれるというここはお言葉に甘えて持って貰うことにしました。佐藤くん頼もしい〜恭子ちゃんも食材持ってくれている。私の共同装備は水だけになった・・・・とほほ


小袖の登山口

小袖からの登りは所々雪が出て来ますがアイゼンを付けるほどではない、でも凍っているところがあるので途中でアイゼンを付けた。荷物を持って貰っているのに私のピッチが上がらず気持ち的にもへたれmoguになってしまっている感じです。途中で森林ボランティアの人達が下りてきて、「たくさんの人とすれ違ったけど上で何かあるの?」と聞かれた。それを聞いてもしかしたら避難小屋に泊まれないかも〜と心配になった。

バスに乗っていた人達では最後に歩き出したのに、後から来た人達にも追い抜かれてこんな歩きで山頂に行けるか心配になってきた。堂所からの登りで東側は凍っていてすべるけど、は西側の日が差しているので雪がない。富士山は見えるけど暖かいので霞んでいる、アイゼンを付けるほどではないけど滑るので余計疲れる、こういう登山道が一番始末悪いですね。七ツ石分岐の手前でアイゼンを外しそれから山頂までアイゼンはいらなかった。


水場はちょろちょろと流れていました。

七ツ石分岐までの登りを歩きながら、心の中でへたれmoguが今日は避難小屋も混んでいそうだし奥多摩小屋までにしようなんて考えていた。七ツ石分岐で休んだとき2人に「このペースだと山頂に行けないかも〜奥多摩小屋に泊まろうよ」と言ったら2人から「がんばって避難小屋まで行きましょうよ」と言われ、佐藤くんがもう少し荷物持ちますと言ってくれたので、おちゃけを持って貰いさらに「アミノバイタル飲んで元気出して」とアミノバイタルまで飲ませて貰いこれはがんばって行くしかないなと思った。佐藤くんたち避難小屋に泊まるために冬用のシェラフも買ってきたのだから行きたいわよね。


今回はやっとこここまで来たぁ〜って感じ、亀足というよりはカタツムリ歩き。

2人に励まされて七ツ石分岐から巻き路に入り、ブナ坂まで登って防火帯に入り奥多摩小屋まで休まずに行った。ここで佐藤くんが水を汲みに行くと言うので私のも汲んできて貰う(去年と反対だわ)。奥多摩小屋で休んでいると3人組の男性達が来たので何処に泊まるのか聞いたら、予定では避難小屋まで行くつもりだったけど、避難小屋も混んでそうだし疲れたので今日はここに泊まると言っていた・・・・私のような人達がいたわ(苦笑)


ブナ坂から奥多摩小屋まで

さて、4時まで避難小屋に着くのを目標に奥多摩小屋を出発、巻き路を通り小雲取山は尾根を登る。小雲取まで来れば避難小屋まではあと少し、夕暮れ迫る中なんとか4時に避難小屋に着くことが出来ました。中に入ってみるとたくさんの人、入り口近くの所を少し詰めて貰いなんとか3人のスペース開けて貰うことが出来た遅く着いたから仕方ないね。私達のすぐ後に来た単独の人は土間に寝ることになってしまった。


小雲取を過ぎると避難小屋が見えてきた。


やっと到着

ほとんどはバスの中で一緒だった人達ですが、中に新潟から来たという8人くらいの人達が半分を占めていた。奧には3人と2人のグループ単独が3人、もう少し詰めてもらえたら土間に寝なくても済んだと思うのだけど。電車の座席と一緒でみんなが少しずつ詰めると1人座れるのと一緒だと思うのですがね。でも、人が多かったので思っていたよりは暖かくて良かった。

時間も遅いので急いで鍋の支度をする、材料はあらかじめ切ってきてあるのでそのまま鍋に入れるだけ。美味しい寄せ鍋が出来て重たい思いをして持ってきたかいが有りました〜今回は軽量化でビールも1缶しか持ってこなかった、でも佐藤くんはマッコリ、恭子ちゃんは梅酒、私は日本酒とそれぞれ持ってきていたのでお酒が足りないことはなかった(^^;残ったおつゆは明日の朝用に残し片付けて寝る支度、新潟の人達は9時くらいまで話していて最後には「うるさい」と注意されていた。どこでもこういわれる人達はいるのですね(苦笑)夜外に出たら東京の夜景が綺麗に見えました。


鶏肉・ホタテ・タラ・鶏団子・マロニーちゃんが入った美味しい寄せ鍋が出来ました


さくらんぼ ----------------------------------------------------------------- さくらんぼ
植物 1/18 コースタイム 曇り
避難小屋出7:15〜(35)〜奥多摩小屋7:50〜(25)〜ブナ坂8:15/8:30〜(15分)〜七ツ石山8:45〜(1時間30分)〜鷹ノ巣避難小屋10:10/10:45〜(1時間05)〜将門馬場分岐11:50/12:00〜(25)〜六ッ石分岐12:25〜(1時間15)〜林道13:40/13:50〜(40)〜奥多摩駅着14:30
※歩行時間6時間10 休憩1時間10分


朝方、トイレに外に出たら唐松がまっ白になっていて風強く雲海が広がっていた。次ぎに日の出見に外に出たら回りはガスガスで何も見えない今回は残念ながら朝一番の富士山は無理だわ。朝ごはんは昨日残ったおつゆにご飯を入れて雑炊にして完食、大食漢の佐藤くんのお陰でお鍋が綺麗になりました。

夜明け前に出発する人達が居て何処に向かうのか聞いたら、長沢背稜を歩いて天祖山から日原に下りると言っていた。この時期に長沢背稜を歩く人が居るのに驚いた。天祖山の下り気をつけてくださいねぇと言って送り出し、単独の2人は奥多摩まで石尾根を歩くと言っていた。新潟の人達は車で来ているらしいので鴨沢だと思う。

さて私達はというと、当初の予定では六ッ石から奥多摩湖に下りる予定でしたが、2人が奥多摩駅まで歩いてみたいという、何回か石尾根歩いているけどこの登山道やたら長く、巻き路を行った場合変化が無くて飽きちゃうのよね。でも2人ははじめてなので奥多摩まで歩くことに決まった。そうなると時間的に鷹ノ巣山に登らないで全部巻き路を歩くことにした。


夜明け前・・・


唐松はまっ白になっていました

出発まえ山頂に行ってパチリ、回りは何も見えないけど唐松がまっ白になっていてとても綺麗で幻想的。青い空に富士山の景色も良いけどこういう景色もなかなか見られない、山頂には誰も居なくて3人写真が撮れなかったのが残念。



7時過ぎに小屋を出発、登山道は凍っていて下りなのでアイゼンを履いて歩き出します。いっきにブナ坂まで下ってひと休み、七ツ石山を登り石尾根に入ります、雪は日だまりには無く所々で凍った雪が出て来た。天気は曇りで歩いているぶんには寒くはない、高丸山と日陰名栗を巻いて鷹ノ巣避難小屋まで休まず行く。随分前、石尾根を歩いたとき尾根通しで歩いたこと有りますが大変だった記憶が・・・それ以来この2つには登っていません。


七ツ石山頂からお約束の景色


七ツ石から千本ツツジ方面に行く

歩くの飽きた頃に避難小屋に到着、ここで私の持ってきたお汁粉を作って食べた。鷹ノ巣山から富士山をまだ見たこと無いのでお天気が良かったら登るつもりでしたが、2人も12月に登っているので今回は巻き路を行くことにします。

ここでアイゼンを外して先頭を恭子に譲り歩き始めましたが、倉戸山の分岐から下りになり結構滑って怖かったそれにしても将門馬場の分岐まで長いわ。分岐でひと休みして六ッ石分岐から下り三ノ木戸分岐(前回はここを下りた)を過ぎ淡々と歩いて下っていくと、軽装の中年のカップルが登ってきた。男性はナップザックを背負い女性はズックだし両手に木の杖、私達に六ッ石までどの位掛かるか聞いてきました、登りだし雪も有るし2時間は掛かると思うというと「そうですか〜」と言ってそのまま登っていった。3人とも唖然、まさかあのまま山に登るのかな?この時期登っていっても何もないのに・・・・山を歩いていると不思議な人達に会うことがあるけど、このカップルも不思議な人達でした。植林の林をジグザクに下りてやっと林道に到着〜でもここから駅までが長い。



途中ショートカットの登山道を歩いてやっとの事で青梅街道に出ました。お風呂は駅の側にある観光荘に入るつもりで歩いていったらなんと改装中で休館とのことガァーン!!知っていたら下りてきた所にちょっと高いけどお風呂に入れるところがあったのになぁ〜私のリサーチ不足でした。もえぎの湯まで歩いていく元気もなく、そのまま駅に行きバス停の所にある食堂でプチ打ち上げをして3時台のホリデー快速に乗って帰路についた。今回佐藤くん達は初めての避難小屋泊まり、鍋が出来て楽しかったと喜んで貰え重たい思いをして持っていった甲斐が有りましたねぇ〜今回はへたれmoguで迷惑かけましたが、またの機会もよろしくね。
奥多摩 | permalink | comments(4) | -

この記事に対するコメント

ななこさん、いらっしゃいませ〜
3人のなかの若い女性のかたですか?バス停で荷物をもう1人の女性から受け取って20キロくらいは平気ですと言っていたような・・・・内心凄いなぁと思っていました。

出来る人だとは思っていましたが、友人が天祖山で遭難したので思わず声をかけてしまいました。長沢背稜まだ通しで歩いていないので私もいつか歩きたいと思っています。雲取山も千葉からだとなかなか日帰りは大変なのですが、荷物を少なくして日帰りに挑戦したいと思っています。

これもご縁、これからもよろしくお願いします(^^)
mogu | 2009/03/04 6:11 PM
あらら、世の中せまいんですね・・・長沢背稜にいったひとりです。この時期がいいんですよ、長沢背稜は・・・単独だったら、完璧にミツドッケまで行って東日原に降りてます。雲取はいつも日帰りなので(往復5時間あればお昼もゆっくりできます)、たまには泊まりもいいですね。
ななこ | 2009/03/04 12:34 PM
teelさん、やっぱりボッカ訓練は必要ですねいきなりの重荷は体にも悪い。それよりも気持ち的にへたれていたので余計だめだったみたい・・・・(^^;

お風呂は確認しなかった私の失敗です。今回は初めから予定外が続いて、まぁこんな日もありますよね。
mogu | 2009/01/26 2:25 PM
teelで〜す

今回は珍しく絶不調のようでしたねぇ〜
でも最後まで予定通り行ってしまうところがすごい パチパチ

山頂の唐松の霧氷、きれいですねぇ
青白い空(ガス?)に映えて・・・・

でもこんなに長く歩いたらやっぱりお風呂入りたいですよね、寒いし
そうすれば途中はさておき、ヨカッタヨカッタになったのに。惜しい・・・・


teel | 2009/01/24 12:46 PM
コメントする