山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

房総・伊予ヶ岳(336.6m)・富山(349.5m)

登った日:2010年1月24日(日) 天気 晴れ
メンバーshimadaさん山百合子さんリブルさん、良子ちゃん、Chiyomiちゃん、マサコさん、mogu
目的: 千葉のマッターホルンと里見八犬伝の山に登る

コースタイム:平群天神社9:35〜(55分)〜伊予が岳南峰10:30北峰往復11:00〜(35分)〜車道11:35〜(1時間05)〜分岐12:40〜(10)〜富山北峰12:50/13:40〜(40)〜伏姫の籠窟14:20/14:10〜(30)〜駐車場14:40 ※歩行時間3時間55分(小休止含む)



去年、天気が悪くて登れなかった伊予が岳と富山、今年行ってみたいと思い山百合子さんに相談してみんなを誘って総勢7名でいくことになった。千葉に住んでいるのに房総方面は全く知らないので今回も山百合子さんにルートのこととかお世話になりました。

天気予報で今日はお出掛け日和ですと行っていましたが本当に雲1つ無い青空の中、待ち合わせの西船橋で東京から来るみんなを乗せて山百合子さんと待ち合わせの「道の駅富楽里とみやま」に向かう。原木インターから京葉道路・館山道と繋いでいくが、平日は激混みの京葉道路も順調に走り、前回鋸山に来た時には繋がっていなかった館山道も一車線だけど繋がっていて思っていたよりも早く8時45分頃に道の駅に着いた。開くのが9時からだというのにもう車がいっぱい、この時期の房総は人気があるなぁ。9時にお店が開くと待っていましたとばかりに人で一杯になっていた。

道の駅ふらり
道の駅富楽里とみやま、


開店と同時にたくさんの人、私もたまごで巻いた太巻きをお昼用に買った。

山百合子さんと無事に合流、山百合子さんは伊予が岳には登らずに富山で待っているとのことで別れ、私達は伊予が岳の登山口になっている平群天神社(へぐりてん神社)の駐車場にむかう。神社の駐車場は満車でしたがちょうど一台出ていったのでなんとか駐車できた。私達もお参りをして登りはじめる。

平群天神社
菅原道真公かお祭りされている

伊予が岳は300m弱の山ですが、房総のマッターホルンと言われているくらいなので登山道は整備されていましたが、山頂直下の100m位から登山道が狭くなりロープとクサリが出てくる。下りと登りがここで合うと大変!!上から団体の人達が下りて上手にすれ違わないと危険。山百合子さんが昔の伊予が岳は手かがり足がかりがあったけど今は人が登りすぎてツルツルの登山道になってもう登れないわと言っていたのが良くわかりました。

登山道
里山の雰囲気の登山道

伊予ヶ岳
これから登る伊予が岳が見えました。

登り
山頂直下はこんな登り・・・・

なんとか伊予が岳南峰に着くと目の前に東京湾が広がり富士山も見えその奧には南アルプスも、左を見れば大島も見え正面にはこれからいく富山も見える。低山なのにこの展望は素晴らしい、人気があるのが良くわかる。北峰に行くとこちらに三角点がありました、南峰に戻りしばし展望を楽しんで下山しますが下りがまた怖い〜足元が滑るので気を付けて下りる。

山頂
ひらめき大きくなります
伊予がヶ岳山頂からの景色、富士山とこれから登る富山が見えます

下山
下りるときの方が怖いわ

伊予が岳
振り返ってみた伊予ヶ岳、神社側からみたのとはまた違う感じ。

分岐から富山方面に下りていきいったん車道に出て富山方面の道標を見ながら向かう。伊予が岳から富山までの道はみかんやら夏みかん、水仙も咲いていて房総の里山の雰囲気がありなかなかいい感じ。

分岐


富山までは里山歩き


道路脇には水仙が咲いている(写真byシマダさん)

富山に向かう途中だ100人近くの団体さんと遭遇、山百合子さんが富山の山頂は満員だよとメールしてきたけどこの人達だったのね。まさか伊予が岳に行くのかな?と思ったけどさすがにこの人数だと無理と判っていたみたいで登らず温泉によって帰ると言っていた。富山登山道の標識にそって林道を上っていくと富山の北峰と南峰の鞍部に到着〜トイレと東屋があり「里見八犬士終焉の地」の道標が建っている。でも里見八犬伝て架空の物語よね?

登山道
登山道の標識

富山
山頂標識の所からは伊予ヶ岳が見えました。

ここから北峰に登り山頂で待っていた山百合子さんと無事合流、私達が行ったときも混んでいましたがなんとかベンチに座りお昼を食べた。千葉の山はこの時期にしか来られないし、いい時期なので混むのは仕方ないですね。富山山頂の展望台からも伊予が岳ほどではありませんでしたが富士山も見えなんと三宅島の噴煙も見えていました〜山頂でのんびりとして下山は伏姫の籠窟方面に下りる。

展望台から

富士山が見える

結構急で階段も多い登山道を下りて林道に出てしばらく沢沿いの道を歩いて行くと伏姫の籠窟の所に到着〜立派な門ですか山百合子さん曰く中はどうっことない、とのことなので見学はパス。私と山百合子さんは私の車の回収、他の人達は道の駅まで歩いて行く。

伏姫の籠窟
伏姫の籠窟にはトイレと駐車スペースがありました。

予定ではここから富津の番やで温泉に入り西船橋まで行きそこで解散の予定でしたが、私の方で急な用事が入りみんなには申し訳なかったのですが番やまで送り届けてからそのまま帰った、最後までつき合えなくて申し訳なかったです。房総方面はめったに来ませんがこの時期に歩くのはやっぱりいいですねぇ〜また来年、こんどは水仙の咲く時期にゆっくりと来たいと思いました。今回もお世話掛けた山百合子さんとつき合って貰った皆さま、ありがとうございました。
房総 | permalink | comments(2) | -