山日記

あんな山こんな山登ってきました〜
※コメント欄はスパムが多いため『認承制』とさせて頂いております。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

竜ケ岳(1485m)

登った日:2011年12月7日(水) 天気晴れ
目的: 年賀状用の富士山を撮りに行く
メンバー:OGURAちゃん、チャコちゃん、mogu



コースタイム:河口湖駅〜(バス)〜本栖バス停10:25〜(25)〜竜ケ岳登山口10:50〜(55)〜あずまや11:45/11:50〜(50)〜竜ケ岳山頂12:40/13:10〜(45)〜端足峠13:55〜(50)〜本栖湖畔14:45/14:50〜(50)〜本栖バス停15:40/16:05〜(バス)〜河口湖駅
※歩行時間:4時間35分 休憩:40分

OGURAちゃんの年賀状用の富士山を撮りに本栖湖畔の竜ケ岳に行って来た、この竜ケ岳はお正月のダイヤモンド富士で有名な山で1度は登りたいと思っていたので今年は竜ケ岳にしました。天気を見計らって来たので天気は上々です。河口湖駅から新富士行きのバスには私達3人と地元の方2人だけだった、私達は本栖入り口で下ります。国道から少し下がって本栖湖畔からキャンプ場の中を通って登山口に向かう、キャンプ場の中には竜ケ岳登山口までの案内があったので迷わずに登山口に着くことができました。

本栖湖
本栖湖キャンプ場からこれから登る龍ヶ岳が見える

登山口
キャンプ場の中を歩き登山口に到着

登り初めはジグザグの急登が続きますが尾根に出ると目の前に富士山、少し逆光ぎみでしたがここで撮影タイム。いったん下り登ると東屋に到着、グループの人達が休んでいた。ここでお昼にしようかなと思ったけど場所が無かったので少し休んでそのまま山頂に向かうことにしました。

富士山
尾根に登ると目の前に富士山

東屋
東屋まで登る

東屋からの富士山
東屋からの富士山

竜ケ岳
これから登る竜ヶ岳

東屋からも急登が続きますが笹原の登山道からは終始富士山が見えているのでの登りも苦にならない、下ってくる人が多く平日なのに結構登っているのね。急登が終わると少し平坦に成り分岐を過ぎると山頂に着きました。みんな下ったようで誰も居ません、さてベンチで富士山を見ながらお昼にしましょうと思ったら、なんと富士山に雲が掛かり見えなくなってしまった、どうしてこうなるの!!太陽も隠れてしまい少し寒い。

山頂に到着
山頂は広々としている

富士山は雲の中
富士山は雲に隠れてしまった・・・

南アルプス 富士山
山頂見えた南アルプスと隠れる前の富士山(クリックで大きくなります)

それでも30分ほど粘りましたが富士山は隠れたままなので仕方なく下山する。登って来た人達はみんな往路を戻るみたいですが、私達は端田峠に下りるコースを選び山頂から下り始めるとなんと富士山がまた現れた、なんだかいじわるされているみたいだ。端田峠までの急な登山道を下り尾根道を少し行くと端田峠に着きました。

端田峠
端田峠に到着

端田峠からの富士山
端田峠から見納めの富士山です

ここで富士山ともお別れして本栖湖目指して下って行きます。こちら側の森は自然林でブナ林が広がっていてなかなかいい雰囲気、登山道も歩きやすいですが広い河原に降り立つと登山道が判りづらくなったが目の前に本栖湖が広がっているので迷うことは無かった。

登山道
本栖湖目指して下ります

到着
湖畔に到着〜

湖畔の周回道路に出てキャンプ場までてくてくと歩いて行く、なんかの記録で遊歩道があると書かれていたので探したけど見当たらなかった。車道をそのまま歩いてバス停まで行き16時5分発のバスで河口湖駅に戻りました。来年の干支は辰年、意識はしなかったけど竜ケ岳からの富士山なんて年賀状にぴったりですね(^^)
箱根・伊豆 | permalink | comments(0) | -

足和田山(1355m)

登った日:2010年11月19日(金) 天気晴れ
目的: 年賀状用の富士山を撮りに行く
メンバー:OGURAちゃん、、mogu



コースタイム:河口湖駅〜(バス)〜一本木バス停10:00〜(1時間5)〜足和田山11:05/11:20〜(55)〜三湖台12:15/13:10〜(55)〜紅葉台バス停14:05〜(バス)〜河口湖駅
※歩行時間:2時間55分 休憩:1時間10分

今年もお友達の年賀状用の写真を撮りに、富士山が大きく見える足和田山に行って来ました。去年は矢倉岳で大きな富士山を撮ることが出来て友達もとても喜んでくれた。さて今年も晴れの日を狙って行ってきましたが富士山は見えたかな〜

電車の中から見えた富士山、今日一日見られるといいなぁ


富士急の電車の向こうに富士山の頭が見えます
電車

登山口には前にはなかった猪と猿と鹿よけの柵が出来ていた。上には電流が流れてているみたい
登山口

東海自然歩道の案内板
説明版

東海自然歩道なので良く整備された登山道を、名残の紅葉をみながら登って行くと・・・
登山道

途中の開けたところから富士山が見えました〜あれ?雲が湧いているよ
富士山

足和田山山頂に到着〜静岡から来ていたグループの人達がお昼を食べて居た。
足和田山

足和田山からの富士山、逆光なので白っぽくなってしまった
富士山

冬枯れの尾根道を通って三湖台に着きました
三湖台

三湖台からの富士山を楽しみにしていたのに、いつの間にか雲が湧き山頂が隠れてしまっていた
富士山

富士山は隠れてしまっていたけど、三湖台からは南アルプスが見えました〜(大きくなります)


富士山の雲が取れるのを待って1時間近く粘っていましたが雲は取れないので紅葉台の方に下山開始、三湖台から少し下ると紅葉台に出ますここまでは車で来ることが出来る。紅葉台から下って行くと国道に到着、少し歩いて紅葉台入り口のバス停まで行き、ちょうどバスが来たので温泉はパスして帰路に着きました。


バス停の後ろに見えるのは紅葉台

今年も無事に富士山の写真が撮れて良かったねぇ〜来年は何処の富士山をとろうか?(^^)




箱根・伊豆 | permalink | comments(0) | -

箱根・矢倉岳(870m)

登った日:2009年12月6日(日) 天気 晴れ
メンバー:OGURAちゃん、由美ちゃん、チャコちゃん、mogu
目的: 大きな富士山を見に行く



コースタイム:新松田駅9:10〜(バス)〜矢倉沢バス停9:40〜(30)〜矢倉岳登山口10:10〜(1時間15)〜矢倉岳11:25/12:15〜(1時間10)〜万葉公園13:25〜(20)〜足柄峠13:45/14:00〜(55)〜地蔵堂バス停14:55着 ※歩行時間4:10(小休止含む) 休1時間5分

久しぶりにテニスの仲間との山登り、年賀状用に富士山の写真が撮りたいというので何処が良いかなと考え、やっぱり大きな富士山をみるなら箱根かなとと思い地図を見る。みんなしばらく山登りしていないので簡単な山は無いかなと探していたら矢倉岳が目についた。ここだったら登りも一時間半くらいだし富士山も目の前でちょうど良いわで決め、みんなの日程を合わせて11月29日に登る予定でしたが当日の天気予報は曇りから雨〜富士山が見えないのでは行っても仕方ないので一週間延期したのでした。

一週間延期して大正解!!当日は快晴で電車の中からも富士山が見えたのでこれは山頂からもきっと見えると確信しました。新松田の駅に下りたのは春以来か相変わらず登山者がいっぱい、ここから箱根方面に行くのは初めてで地蔵堂行きのバス停にはもう何人かの人達が並んでいた。地蔵堂行きのバスは数人立っているくらいの混み方でほとんどの人が矢倉沢バス停で下りた。みんな矢倉岳に登るのかな?バス停から道路を渡りしばらく歩くと公民館の所にトイレがあったので入る。途中にはみかんも売っていて美味しそうだったがこれから山に登るので買えないわと思っていたら買っていた人がいて手に持って登っていった。

公民館
公民館の所にトイレがあります。

公民館から小さな橋を渡り三叉路を左に歩いてお茶畑とみかん畑の中を登って行く、私以外の3人は山に登るのは本当に久しぶりというかここしばらく登山をしていないのでゆっくりと歩く。しばらく林道を上っていくと左に矢倉岳という看板があり猪よけの柵を越えて登山道に入る。

三叉路
お店の壁に・・・これだったら間違わないわね。

林道
林道を上っていくと

猪除け
猪除けの柵を通る

暑いくらいの気温ですが久しぶりのみんなは厚着・・・・何着ていって良いか判らなかったというが寒いのが嫌で随分と着ていた。案の定歩き出すと暑い特に由美ちゃんはたくさん着ていたので途中で3枚脱がせたけどどんだけ着てきたのよ。

登山道入り口
林道の終点から登る

登山道
登山道は判りやすい。

途中から自然林になり下の町や明神ヶ岳が見えてきたが富士山はまだ見えない、急登から少し緩やかになると矢倉岳山頂に到着〜目の前には富士山が見えてみんな大喜び!!山頂も大にぎわいでたくさんの人がいる。私達もここでお昼にします、お汁粉を作りみんなで食べた。風もなく暖かいので山頂でゆっくりと出来て本当に良かった、OGURAちゃんも綺麗な富士山が撮れて大満足〜。

山頂直下
山頂直下

山頂
登り切ると目の前に富士山!!

箱根方面
箱根方面もよく見えます。

名残惜しいけど下山します、万葉公園方面の下りは急で慎重に下りて行くと登ってくる人達が結構居ました。山伏平からはトラバース気味に歩いていくと左に丸い矢倉岳が見えしばらく歩いていくと万葉公園に到着。

富士山
下山途中から見えた富士山


山伏平の分岐と途中で見えた矢倉岳

万葉公園
万葉公園には万葉集の石碑が建っている。

バス停から車道をしばらく歩いていくと足柄峠の関所跡に着きトイレもあったのでここで休憩〜計画ではここから金時山方面に行き夕日の滝の登山道を下りて地蔵堂バス停に行く予定だったが、時間も遅いのでここから足柄古道を歩いて地蔵堂に行くことにした。

足柄峠
車道の側にあった足柄峠

関所跡
関所跡

古道入り口
足柄古道入り口〜石畳の道は滑る

足柄古道は車道沿いを歩く感じで何度か車道を横切る車に注意して渡り途中からは車道歩きになる。車道を歩いていくと車道脇に大きなもみじの木が有ったので見学していると、地元のおばあさんが話しかけてくれ由来を教えてくれた、ついでに地蔵堂バス停を聞くと近道を教えて貰い助かった。バス停に行くとたくさんの人が並んでいてびっくり、みんな金時方面から来たのかな?バスにはなんとか座れて新松田駅まで戻ることが出来た。

大もみじ
車道の脇にあった金太郎大もみじ、紅葉がいまいちでした。

地蔵堂
無事に地蔵堂に到着〜

バス停
地蔵堂バス停にはたくさんの登山者が並んでいた。後の山は矢倉岳

私以外の3人は本当に久しぶりの登山でしたが登っているときに「気持ちが良いねぇ」と言いながら登っていたので、新緑の頃にまた山歩きしようねぇと約束。さて亀足隊ならぬカタツムリ隊と今度は何処を歩こうかな〜(^^)

箱根・伊豆 | permalink | comments(0) | -